人気ブログランキング |


<   2008年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

" アキヨシとカレン " 第11章

はぁ、昨日第11章ばばっと読みました。

前回の章では髙木先輩がかれんの手を取って走るところを
写された携帯画像がアキヨシの目に触れることとなり、
アキヨシとかれんの間に大きな溝がっ え~~~~~~~っっ!!

この後の展開はどうなるんだろう~~っ?
最近忙しくて一気読みができない為、その分事件簿が起きる度
妄想全開です。

続きを早く読みたい・・という欲求に負けそうになる心を
宥め、布団の中へGo!

起きている間次の章を読めるまで、更なる展開を自分の中で
いろいろと考えている時間が結構好きだったりします。

佐藤くん、おじいちゃんからかれんとの交際のことを聞かれ
「もうだめかも?」発言をするのですが、その時のおじいちゃんの
台詞がいいっ。

『お前にはもったいない、いい子だったのに・・・云々・・・。』

流石、年の功でおじいちゃんは人の良し悪しの判るりっぱな
大人なのでありました。 ^^コホンっ。

佐藤君の荒れている様子だとか、はたまた、
反省している様子(内面の葛藤)だとか、
髙木先輩のかっこよさだとか、

病気中のかれんの強気っぷりだとか、 かれんのおかあさんや
おとうさんの様子だとか、読みどころが満載でした。

その上、 佐藤君とかれんの仲直りの素敵なシーンもありで
この第11章は10章も含めて、後でもう一度読み直してみたい
一押しの章になりました。

この仲直りのシーンでかれんになれるものなら
[なりたいぃ~~~~~~~~~~~~っ]と一番に手を
あげたいところですっ。 ♪


もしもぉ、かれんのお母さんが・・・お父さんみたいだったなら
かれんと佐藤くんは未来永劫、仲直りできなかったかもねぇ~。
かれんのお見舞いに来た、佐藤クンを追い返そうとするんだもんねぇ。

追記:

しかしねぇ~ 佐藤くん、いかんよっ。
気まずくなっている間に、ちょっと軽い遊び人になりかけちゃいましたからねぇ~。

また今後、1波乱あ・り・そな予感。^^;
by lee-lena | 2008-12-31 15:28 | "アキヨシとカレン" | Comments(0)

" アキヨシとカレン" 第10章

 最近、言語交換フォーラムのほうにかかりきりで、頓挫していました。
 同じ頃に読み始めた方たちは、もうかなり読み進んでいることだろうと
 思います。 なんとか追いつきたいと思いますが。^^;

 きましたねぇ~~~~~~~~~~~~っ またまたの事件簿。
 今度のはヤバイですね。

 佐藤くんの反応はもっともだと思います。
 この時代だからこそのstory展開、そうなんです。
 この章では時の所謂文明の利器である"携帯"が、
 平澤かれんの立場をつらいものにしてしまいます。

 画像に映った紛れもない手を繋いだ髙木先輩とかれん。
 佐藤君に話せない髙木先輩の裏事情に、かれんは沈黙を
選ぶのだけれど。

「 土曜日、あれからまっすぐ帰った?」と聞かれ 『帰ったよ、』と答えたかれん。

 ここで実は途中で髙木先輩にあったことだけでも云っておけば
よかったのかな? さぁ、どうなんだろう?

もし、わたしが"かれん"なら、といきたいところですがぁ。^^;

察しのいい人間なら、わざわざ「あれからまっすぐ帰った?」と聞かれたら
何か相手が察してのことって気づくかな?う~んっ いくら考えても
今回はわかんないなぁ。 問題をわざわざおおっぴらにするような
ことだったなら、わたしも思わず「うんっ まっすぐ帰った」と云いそうだわ。

・・で今回のように"ふたり手を繋いでるのは確かだろ?
さぁ、、どうするどうする?"と責められたら??

きゃぁ~っ わたしは"かれん"ほど善人ではないので
ばっさり佐藤君に真実を話してしまうでしょう。  爆007.gif


あたしって つまんない人間だなっ(。>_<。) 

考えてみた言い訳その1←Click
by lee-lena | 2008-12-30 08:00 | "アキヨシとカレン" | Comments(0)

" Language Exchange " 言語交換(交流)
【No.7】
日本人:Mさん
Canada在住: Tさん
アメリカ人: O君
わたし 


続き・・・その時、

うれしかったのと、他の方たちへのレスを終えてからでないと
Tさんへのレスまで辿りつけない、というのがあってプライベート
にpostingできる場所もあるので、そちらのほうへ
うれしかった気持ちをpostingしました。

それはこんな内容のものでした。
詳細は書きませんが、だいたいのアウトラインを!

メッセンジャーを使っての会話練習のお誘い、とてもうれしく思ったということ。
残念ながら手持ちのパソコンにはメッセンジャーをインスツールできる
機能が備わってなくて残念ながら今回は会話できないということ。
新しいパソコンを購入した折には、ぜひっ よろしくお願いします、ということ。

そして自分は元々、言語交換のできる相手を求めてこの場所に
辿り着いたこと、なのでよければ、わたしと言語交換していただけませんか?
という申し込み。

ところが・・・

More
by lee-lena | 2008-12-27 16:53 | "言語交換(交流) " | Comments(0)

" Chatting "
【Learning English】

所謂、日本人同士のチャットとは違います。
メールではありませんがメールのやりとりのようなものです。

I chatted with a student from Singapore today.

> a student's chatting /

`*:;,.★ ~☆・:.,;*        ‘*:;,.★ ~☆・:.,;*


>I am interested in knowing the Japanese people and culture ,which is why I am here in this forum.

lena:
Well, are you interested in the Japanese Language?
Are you interested in knowing only the people and culture?

> I'll see how I can contribute. 貢献
lena: Wow, you are great!

私が自分のある文をチェキしてくださいと頼んだところ。

>I would simply said,"You seem quiet in the forum.
>Quick,join us!" ---Thanks a lot.(#^.^#)


lena:
I have chatted to some people about lots of different things
on a thread in Japanese until yesterday.
But I don't intend to visit there
because of unpleasant things(-circumstance).
So sorry, I can't say, "Quick, join us!" ^^;

>I am a Singarporean.
>Have you heard of this place?

lena:
Yeah, I know the name of your country.
I'm looking it up on the map.
Oh, I get it. It's located next to Malaysia.
I have a friend in Malaysia.

>Singapore timing is one hour late than Japan.

lena:
Really?
Both Singapore and Japan timing is similar.
Btw, I just caught up the info of your name, merlion by online search.

It's a symbol of Singapore.
I didn't know about it all this while until now.
******** *********************

He said, "Sorry, my English isn't very perfect either. "
and also said like this, "Don't worry about your English. I am not good in this language too. We are here to learn."

Thanks to Hyc for her support.
やはり、間違いはありましたねぇ~ ^^;しゅんっ


概略はこちらから ←CLICK
by lee-lena | 2008-12-26 00:01 | 英語でしゃべらナイト | Comments(0)

" Language Exchange " 言語交換(交流)
【No.6】
あれから・・・・

実はわたしが参加させてもらているThreadには英語もフランス語も
かなりできるツワモノ日本人"Mさん"と日本に何年間か住んでいたことのある
アメリカ人高校生" O君 "(もちろんかなり日本語は達者)と僅か2~3年の学習(本人の申告による)でかなりの日本語を操るカナダ在住の何人なのかわかりませんが(・・というのも
よく聞くと生まれは香港で育ったのがカナダ、母国語が英語ではない、、とのことですので)
Tさんがいます。

日本人:Mさん
Canada在住: Tさん
アメリカ人: O君
わたし 

続きはこちらから←CLICK
by lee-lena | 2008-12-23 00:49 | "言語交換(交流) " | Comments(1)

[The Story of Mythical Time]
英作をしてみました。


【神話的時間】から

これは1957年のお話です。
当時36歳だった母は、14才のわたしを頭に7人の子供達を
連れて離婚しました。
酒飲みでグータラな父に見切りをつけて離婚したのです 。
その時母は、「貧乏なのでお前たちにお金は掛けられな いけど、愛情と
やさしい言葉と手だけは惜しみなく掛けるからね。」と 言いながら
必死に育ててくれました。

More 英文はこちら←Click
by lee-lena | 2008-12-21 02:13 | 英語でしゃべらナイト | Comments(0)

" 月の砂丘にふたり "
幼い頃から寝つきの悪い相川祥子と桐嶋天というまだ少年
くささの残る青年のお話。

本が手持ちに届いた時の感想は、「わぁ~お買い得っ♪」の一言
印刷機と繋がっているパソコンがまだまだ調子のいい頃、オンライン小説を
何作か書面上で読めるように印刷したことがあったから。

オンライン小説の内容って結構なボリュームがあって、印刷すると
すぐにインクリボンが切れてしまうんですよね。
・んで、このインクリボンが結構なお値段なのですよ。^^:
かかる手間だって大変。

そういうことを把握した上での前出の発言となりました。
自分で印刷したって、このリーズナブルな価格にはならないだろぅ
っていう。

ボリュームたっぷりの枚数とpage415ですよぉ~っ。
その上通常のBoy's Love系の本より大判で、きれいな装丁とくれば、
お得感倍増ものですって。

お値段は1440円+税 確か、1470円じゃなかったかな。

最初に天(そら)君が美形ってことで登場した時から、
もうワクワク感いっぱい。  大笑)
美形という単語はわたしにとって甘美な響き。 hahahaっ!!

祥子は、家族運に恵まれない女で。
夜、なかなか寝付けなくて病院に行って睡眠薬の類を投薬してもらわないと
寝られない不幸な女なのだ。 ここでわたしが述べるところの"不幸"って
いうのは、どんな時もほぼ完全に布団に横になれば1~3分もあれば
夢の世界に飛んでいけるわたしに比べればっていうところの意味での
こと。

そんなわたしでも、5~10年に1、2度あるかないかの全然寝らんなぁ~い
状態を知っているので、深夜になっても眠りの国に飛べないつらさは
ある程度わかっているつもり。 これが毎日となるとね。

しかもひとりだけの生活上のことなら、なおさら。

新刊発売本なので、あまりネタバレするような具体的なことを
書くのは、作家さんのご迷惑になるかと思いますので、書きませんが
なかなかおもしろく読めました。

祥子が海のものとも山のものとも、正体のつかめない天くんに対して
警戒をといていき、また、やっぱり正体つかめんっ・・って思うような
展開の時も、このままだんだん側にいてほしいという気持ちになった
事に対しては理解できました。 なんてったって美形で自分に懐いて
くれるんですからね。  笑)

まぁ、文中から祥子の気持ちが見えてくるというか。
だけど、side天君からの祥子に対する細に入り微に入りとまでは
いかないにしても、もう少し気持ちが見えてくるいわゆるオンライン
小説ではよく見られる天君sideストーリーっていうのかな、
そういう天視点があってもよかったかなぁなんて。

そこで、知りたがりぃ~なわたしは読了後思ったわけです。
どうして?天(そら)は祥子がよかったのかなぁ、そんなに。
他の選択枝もあったはずだから。
他にも選択枝があるっていうことが後半の文で明らかにされていきます。
なので、その辺りからますますなんで天は祥子がよかったのか?
考えるようになりました。

恋をするのに理由はいらない、理由がいるのは真実の恋ではなく、
恋したいために自分をそういうふうに持っていこうとする余分な意志が
働く、・・って感じなのはわかるのですがね。

祥子が恐ろしく美形だったりお金持ちだっていうのなら
すりすり、擦り寄っていくのわかるんですけどね。

ですが、祥子、昔の同級生にも再会していい感じの好意を
向けられたりしているので、結構祥子は地味な印象もあるけれど
異性を惹きつけるある種の引力があるのでしょうねぇ~。

しかししかし、冒頭から月の砂漠にひとりぼっちでいる夢を見る
祥子。 寂しいぃ~っ おんなだぁ~。^^; 

*******************
Moreに書いています。ここを見ると結末が何気にわかってしまうので。^^;
でもお薦めの言葉としてはどうしても入れたいところなんですよね。
***********************

・・・と セールスしておこうっ ♪

ちなみに私は 著者の山口さんと同じ苗字の親友がいますが、
著者の方とは、まったく知り合いではありませんからぁ~ 笑)


こちらのThreadに英文ですがふたりの境遇が少し書かれています。←Click

    `*:;,.★ ~☆・:.,;*
人気ブログランキング←Click,please ♪
                     ‘*:;,.★ ~☆・:.,;*

More 2行のセールスポイントはこちらから←Click
by lee-lena | 2008-12-20 01:25 | Books感想 | Comments(0)

" Articles "
Today's Asahi newspaper :Thursday,Dec.18,

In Japan,almost all car manufactures say that
they will cut jobs because of poor sale.

日本ではほとんどの自動車メーカーが販売力低下のため、人員を削減
すると述べている。

They seem to reduce the number of the temporary employees
and the term contract employees to about 13,000 peopple.

メーカーは派遣、期間従業員合わせて約13000人もの人員を
解雇するようである。

Toyota Mortor Corp. - 3,000 employees
Honda Mortor Co., - 1,210 employees
Nissan Motor Co., - 2,050 employees
Mitsubishi Motors Corp. - more than 1,100 employees
Mazuda Motor Corp. - 1,500 employees

Suzuki Motor - 600 employees
Isuzu Motor - 1,400 employees
Fujijuko - 800 employees



Japan Times:Tursday, Dec. 6, 2001

Japanese companies in almost all sectors carry out large-scale restructuring.

ほとんど全ての/セクター=部門/で日本企業が大規模なリストラ を行っています。

For example,Nissan Motor Co., Mitsubishi Motors Corp.
and Matsuda Motor Corp. have all been engaged in their own program
to cut costs by shutting down plants and eliminating thousands of jobs.

例えば、日産 三菱 マツダは、工場の一時閉鎖や何千 人もの人員整理による
コスト削減計画に忙しくしている。(従事している。)


All three,having been left in the dust by Toyota Motor Corp.and Honda
Co.,turned to foreign rivals for help.

トヨタとホンダに遅れをとった三社(日産、三菱、マツ ダ)は、外国のライバル社に
援助を求めた。

Their desperate efforts are now beginning to pay off.

彼等の必死の努力は、今成果をあげ始めています。

Most conspicuously,Nissan made a spectacular comeback under
the leadership of President and Chief Executive Officer Carlos Ghosn,
former executive vice president of its French partner, Renault S.A.

際立って日産は、社長であり会長でもあるカルロス・ゴ ン氏とルノー社の
前取締役副社長でもある(フランス人)パートナーの指 揮の下、見事な復帰をしました。



    `*:;,.★ ~☆・:.,;*
人気ブログランキング←Click,please ♪
                     ‘*:;,.★ ~☆・:.,;*
by lee-lena | 2008-12-19 11:29 | 英語でしゃべらナイト | Comments(0)

" アキヨシとカレン" 第9章

佐藤くんがモデル業のほうでBIGになればなるほど
かれんと佐藤くんの距離ができるような気がします。

佐藤君の意志とは関係ないところで、
「引き裂かれる愛」?みたいな? ←陳腐^^;だけど。

ひときわ目立つ美形と平凡な容姿の組み合わせって
いうのも、なんだかなぁ~みたいな。
まだこれが男女逆ならば、ここまで世間も冷たい
視線を送らなかったかも。
相手が一般人ではないっていうことと、
人目を引く美形だっていうことと。

このふたつのハードルはけっこう、高そうだ。

さて、この章で感じたことがありました。
佐藤くん、ダンス教室に通うおじいちゃんに何気に
悪戯心で、「人妻を誑し込んだらだめだよ」みたいな
ことをおもしろがっていうんですね。

佐藤くんからすると、おじいちゃんなんて、男性という枠からは
とうに外れているはずの人間、、、みたいな認識だと思うの。
まして、肉親だし。

だから、マジで怒るおじいちゃんが不思議でしようがない。
マジでとるなよぉ~みたいな?

どうなんだろう?って考えてしまった。

昔、子供だった自分からみたら完璧"おばさん"でしかない
年齢の域に達した今、 わたしは世間が思っているほど精神的には
"おばさん"になりきれていないと思うのだ。
体や顔は正直なので、ごまかしようもないけれど。
精神/魂の上では、いくつになっても"おばさんやおばあさん"には
なれそうもないなぁ~。
まだ゜まだ艶っぽい自分の魂の存在を感じるし、
まだまだ大人ぶって怒りをいつも静めるなんてこともできないし。

ハンサムな異性には、やはりときめくし。笑)

・・ってことで、おじいちゃんの気持ちがわかってしまったのでした。(#^.^#)

佐藤くんは、のぞめばきれいな女の子をガールフレンドにすることなんて
ぞうさもなさそうだけど、かれんに執着する佐藤君のきれいな心根が
大好きっ ♪ かれんを心から可愛いと感じられるその感性も。


p/s:

もしもぉ~♪ダンスが踊れたら・・・(ピアノが弾けたなら・・・)~♪~♪

[おばあさんの年になって佐藤君のおじいちゃんみたいな人がまわりに
いたら、速攻 アタックするね。 孫はイケメンだし。 料理作れるしぃ。笑)]

    `*:;,.★ ~☆・:.,;*
人気ブログランキング←Click,please ♪
                     ‘*:;,.★ ~☆・:.,;*

おまけ・・悲しい思い出 ←Click
by lee-lena | 2008-12-18 23:15 | "アキヨシとカレン" | Comments(0)

" Language Exchange " 言語交換(交流)
【No.5】

引き続き・・・作成してupしたはずの記事がupされてなくて
ちょっと10時頃、凹んでました。 (>_<)泣 /気を取り直して・・・。


外国の人でAさんという人が" 日本語で話しをして、間違いを直しましょう"という
ような書き方と内容のThreadをたてました。

その後ですごく感じのよい書き方をするBさんという人もそこに来ました。
三番目にわたしがふたりの文を訂正する、という形でそこに書き込みをしました。

すると、Bさんがすぐに「ありがとう」と返事をくれました。
そしてその後、「はじめまして」の挨拶もなく、書き込みにきた人がひとり。
この
人はBさんのみに反応。

最後に最初に投稿してたAさん、登場。
他の人たちには、レスを返すも、わたしには無視を決め込みました。

これってなんだったのかなぁ~^^; 途方に暮れましたが、
Thread立てた人に無視されてまで、再度そのスレに行く気にも
なれず、少し時間を置いてから、こっそりとAさんへの訂正文と挨拶文
を削除したのでした。 なるべく、あからさまにならぬよう。^^;

最初に出会ったThreadや人がこんな場所と人でなくて
よかった、というのが、その後の感想です。

ちなみに、このAさんは日本に在住しているようなので、身近で
ちゃんとした日本語に接する機会があるのかもしれません。
また、そんな環境下で日本語を毎日使っていて、かなり自信もあるのかも
しれません。 わたしの単なる憶測でしかないのですが、
もしかしたら、日本語初心者の外国人に自らが、訂正してあげたかったのかも
しれませんね。
となると、わたしは差し出がましいただの日本人ってことで
お邪魔虫以外の何者でもなかったのかも。

それなら、紛らわしい言葉を省いて、「日本語で話しましょ」だけに
しといてくれればよかったものを。「間違いを直しましょ」がついてたから
てっきり、訂正を望んでいたのかと、思ってしまったではないの。^^;

どっちも、できれば(う)をつけるのが妥当だけど、まぁ ↑でも
コミニュケーションとるのに支障はないけどねっ。 

(う)があったほうがより一層betterであることを告げたのが
そんなに気にいらなかったのかしらね。 全く不可解です。

すごくお上手ですね、ってフォローも入れつつ、説明したのですが。


そして、前出の感じのよかったBさんには、いきさつを話して、
もうあのThreadには行かないけれど、判らないことがあったら、
helpしますよ・・・と個人的なメッセージで連絡を入れました。


しかしぃ、、、その後何の返信もなし。
実は、これにも私は少なからずびっくり&がっくりの世界でした。

社交辞令的でもよいから、普通返信するでしょ・・みたいな?
人から好意を示されたら、それなりの反応普通しますよね?

なんか外国人不信に陥りそうです。^^;
国の違いなのか?はたまたgeneration gap なのか?


続く・・・・



    `*:;,.★ ~☆・:.,;*
人気ブログランキング←Click,please ♪

                     ‘*:;,.★ ~☆・:.,;*
by lee-lena | 2008-12-18 00:48 | "言語交換(交流) " | Comments(4)


Books & Online Novelsのご紹介と英語記事up等
最新の記事
動画
at 2018-03-26 00:22
近況報告
at 2018-02-11 16:38
ご無沙汰しています。
at 2017-11-11 15:32
Puzzle パズル 24 ..
at 2016-04-18 22:50
Puzzle パズル 23 ..
at 2016-04-18 22:31
最新のコメント
すみません。最近海外から..
by lee-lena at 14:51
こんばんは lenaさん..
by とらふぐ at 23:22
はいっ、かしこまりました..
by lee-lena at 11:52
え?事件簿とやら、up、..
by barnes_and_noble at 21:21
казино попол..
by slot1 at 16:04
игровые авто..
by poker76 at 21:36
игровые авто..
by slots30 at 12:27
Link






1:
2:

【お気に入りblog】
1.

2.サランヘヨ韓国ドラマ2

3.サランヘヨ韓国ドラマⅢ

4..あなかしこさんサイト

5.a>

6.


★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・
  
【お気に入りmale Blog】
1..WE'RE HERE
2..♂♂San Franciscoのひとりごと...3
3.お空に逝かれたTommyさんの first blog
■ナイショの話
(R18)
4.Tommyさんsecond blog
■僕らの週末
5.Tommy さんのthird blog
■未来へ
6.男に告白された男
7.ラグナ君の天気予報
8.パリで男たちと

【英語Blog】

7.Neko-reachoutさんのblog
英会話講師の日々つれづれ


8.上野陽子さんのblog
恋する英語


★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜。、

【メディア関連】
TBS Channel-ch363
KBS World-ch791
フジch721
【BIGLOBE】
★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★

【私関連】

【Books Comment Blog】

【めっせぇじぼぉーど】

【純愛中毒掲示板】

【無料掲示板のご案内】

style-21掲示板

【ドラマ&映画サイト】





アクセス解析

★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆

【Novel website】

詳細は こちら

1

2

3

4

Blog 小説 
2008.11~読み始める
【アキヨシとカレン】Blog5

5-2

6
【Sapporo Love Story】6-2


7

8

cresc.-クレッシェンド9


↓ここからは(R18)18歳未満の方は読むのを控えてください。


10


11
12


(Boy's Love)

13



【Materials】







以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
ブログパーツ
検索
ライフログ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧