FAMILY MATTER 9
            (Real 話から創作)
          s-0725.pngs-0735.pngs-0733.pngs-0729.png


=== 洋介 ===



妻はどこへ行ったのだろう?
行き先だけでも何故聞かなかったのかと頭を抱えたくなった。

本当に家を出て行くはずがないと高を括っていたから、
聞くことなど思いもしなかったのだ。

俺はまず両親に相談した。父はすぐにでも慰謝料を振り込んで
妻と加奈子に帰って来てもらおうと云ったけれど、母が首を
縦に振らなかった。



「なんて生意気な女なの、全く。」身の程知らずな・・とばかり。
私の不貞については・・・叱る事もなくひたすら妻を罵倒する
ばかり。実の母親だが聞いていられなかった。あんなに父の事
ばかりか母のことまで生活全般に亘り長年尽くしてくれた嫁に
対する言葉がコレかと、息子として妻の夫として情けなくなった。




More ←-- 続きはこちらから、CLICKしてみてね。
[PR]
# by lee-lena | 2016-02-06 21:05 | 心の灯火 | Comments(0)

FAMILY MATTER 8
               (Real 話から創作)
             s-0725.pngs-0735.pngs-0733.pngs-0729.png


===美緒 & 加奈子===


加奈子、話があるんだ。
これからお母さんの話を聞いて私の味方になってもいいって思えたら
いろいろと協力してほしいの。
お母さんと加奈子の幸せの為に。

父親が加奈子も見知っている近しい夫婦の奥さんと特別な関係になり、
チューしたり裸で抱き合ったりしたのが判って私がどんなに
悲しい想いをしたかという事。

おばあちゃんに相談したら、お父さんを責めるどころかお母さんが
悪いと云われた事。

お父さんは謝ってくれたけれど、それは気持ちの籠もってないただの
言葉だけで私への誠意や心からの反省がない事。

このまま何もなかったように私だけが我慢してこの家で暮らして行く
と、私の心が死んでしまう事。

お父さんやおばあちゃんたちには知らせてないけどお爺ちゃんも
私も実はとってもお金持ちな事。

お父さんが心からの誠意を見せてくれる日があれば、元の3人家族に
戻ってもいいと考えている事。

8才の加奈子に判るような言葉で伝えた。
そして学校も転校しなくて済む事も。




More ←-- 続きはこちらから、CLICKしてみてね。
[PR]
# by lee-lena | 2016-02-03 19:00 | 心の灯火 | Comments(0)

FAMILY MATTER 7
               (Real 話から創作)

s-0725.pngs-0735.pngs-0733.pngs-0729.png

===美緒===


実は借家を見つけてからは万が一に備えていつでもこの身ひとつで
出て行っても困らない様、準備していた。

翌日、朝になってもやはり出て行く決心に変わりのない事を
自分自身の心に確認し、揺るぎない事が判ったので
決行することにした。


土曜日の朝、もう早起きが習慣になっている加奈子と家を出て行く
準備が整った頃、上手い具合に夫が起きてきました。



               


More ←-- 続きはこちらから、CLICKしてみてね。
[PR]
# by lee-lena | 2016-02-03 12:33 | 心の灯火 | Comments(0)

FAMILY MATTER 6
             (Real 話から創作)
             s-0725.pngs-0735.pngs-0733.pngs-0729.png

=== 美緒 & 洋介 ===


『俺のは食事は無くても構わない。だけどお袋と親父の分は
作ってやってくれないか。お袋も年で食事作りや風呂掃除は大変
そうだから。』


「お義母さんまだ63才でしょ。家事を引退するような年齢じゃないわよ。
それでもこれまで黙って私が家事のほとんどをやってきたけれどそれは
どーしてだか、あなた判ってる?」


『その、つまり・・俺の前で気に入られる嫁を演じてたのか?』


「じゃ、どーしてあなたに気に入られる妻を演じていたと思う?」


『俺に惚れてたか・・・ら?』 ^^:


「なら、今どーして気に入られる妻と嫁を放棄したと思う?」




More ←-- CLICKしてみてね。
[PR]
# by lee-lena | 2016-02-02 23:29 | 心の灯火 | Comments(0)

FAMILY MATTER 5
(Real 話から創作)



            s-0725.pngs-0735.pngs-0733.pngs-0729.png

 
         

    ===美緒===

                     
我が家が資産家である事は、夫との暮らしが充実and安定
している事を確信した後に知らせればよいと。

そして老後はゆったりと優雅に暮らせばいいとアドバイスされて
いた。 また娘や孫達にも残してやれるものなら、その財の
多くを残してやりなさいと。

長い人生を生きてきた先人の知恵です。
人性には何が起きるか判らないからね、と。

恐らく今私が味わっている苦しみの事なども可能性として父は
考えに入れていたのでしょう。




More ←-- 続きはこちらから、CLICKしてみてね。
[PR]
# by lee-lena | 2016-02-01 19:46 | 心の灯火 | Comments(0)

FAMILY MATTER4
               (Real 話から創作)
               s-0725.pngs-0735.pngs-0733.pngs-0729.png

===美緒===


夫はもちろんの事、義母も義姉もそして夫が同じように右倣えした義父も
皆、みな・・みぃーーーーーんな道連れに一刀両断、撫で斬りにしてくれ
るわぃっ、と心に誓った。

周りの反応にあきれ返った私は、悲しみも引っ込んで仕舞う程憤怒に
かられた。


こんなに怒髪天をつくほどの怒りの気持ちになったのは生まれて初めての
事で、自分のこのマグマのような怒りがどのような形になっていくのか
ワクワクさえしてきた。



最初に夫が謝ってきた時に私は簡単に許せるような問題ではないので
考える時間を下さい、と告げた。


二週間経った今も夫の顔を見る度に、「このクソがっ。」と怒りが
こみ上げるばかり。夫に対する朝一番の感情が「このクソがっ。」である。

ほんと、終わってます。
今は頭が沸騰しているせいだからでしょうか。

沸騰が徐々に納まってきたら、元の自分に戻れるでしょうか。
今の私には元の尽くす控えめな自分に戻れるとは思えない。





More ←-- 続きはこちらからどうぞ。 CLICKしてみてね。
[PR]
# by lee-lena | 2016-01-30 17:46 | 心の灯火 | Comments(0)

オンライン小説のご紹介
久しぶりのオンライン小説のご紹介になります。

どれもツボな作品で、読み応えあります。
多忙にて感想等はupできません。^^;

シャンプーの銘柄や洋服の名称鞄のブランド等々
物知らずなのでお勉強になりました。

小説一覧/作家は[連城寺のあ様]←-- こちらを、CLICKしてみてね。

アルファポリス[連城寺のあ様] ------こちらも、Click してみてね。


私が読んだのは・・・

①政略婚

②Wild wind

③Out sider -----完結してなくてちょっと残念。
         後の楽しみに待つ事とします。


④アメジストの粒-----今読んでるところ、すごく面白いっ ♪


恋なんかじゃない、長編を最後に残しています。
楽しみぃ~ ♡♡ ~ ♡♡

[PR]
# by lee-lena | 2016-01-28 15:20 | 小説サイト紹介(メインページ) | Comments(0)

FAMILY MATTER3
         (Real 話から創作)
       s-0725.pngs-0735.pngs-0733.pngs-0729.png



===美緒===


夫の携帯電話から女にメールした。

内容証明郵便を送りつけ弁護士を介して慰謝料請求するつもりが
あること。

今後一切、夫に会わない事、近づかない事。 約束を破ったり
今後の謝罪の内容や態度の如何によっては、女の旦那にも告発する
つもりがある事。

女はよほど旦那に知られるのが怖いのか丁寧な詫びのメールと
今後夫には絶対会いません、公の場でも近づきませんと、
すぐに返事が来た。

その後に折り返し再度、今日私があなたにメールした内容と、あなたが
私に約束した内容をこれからずっと努々(ゆめゆめ)忘れることのないよう
にと、釘を刺すメールを送った。
 
こんな形で表向き私達夫婦は再構築中で、元サヤというのでしょうか、
修復に向けて毎日を過ごしている。



More←-- 続きはこちらから、CLICKしてみてね。
[PR]
# by lee-lena | 2016-01-27 18:09 | 心の灯火 | Comments(0)

FAMILY MATTER2
(Real 話から創作)
s-0725.pngs-0735.pngs-0733.pngs-0729.png


===美緒===

私がそれを知ったキッカケは夫の背広のポケットに入っていた一枚の
領収書からでした。

クリーニングに出す時、ポケットの中にあるのを見つけたのです。
いつもは夫から頼まれるとクリーニングに出す、という形だったので
まだ捨てずに入れたままになっていたのでしょう。

頼まれていないのに今回クリーニングに出そうと
したのは、ハプニングによるものでした。

               


More  ←-- 続きはこちらから、CLICKしてみてね。
[PR]
# by lee-lena | 2016-01-25 07:21 | 心の灯火 | Comments(0)

FAMILY MATTER 1
(Real 話から創作)
s-0725.pngs-0735.pngs-0733.pngs-0729.png

登場人物

鳥居美緒   34才    鳥居洋介   36才  娘- 加奈子 8才
 中谷純也 40才    中谷真理子  38才    娘- 沙也  8才


。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:・'゜☆。

夫の浮気が発覚しました。最悪です。

相手はご近所さんで、夫は相手女のご主人とも相手側家に招かれて数回
お酒を酌み交わした仲です。友人とまでは云わなくとも知らない間柄
ではありません。そんな相手側の奥さんとだなんて。


ほんとにふたりとも正気の沙汰とは思えません。






More ←-- 続きはこちらから、CLICKしてみてね。
[PR]
# by lee-lena | 2016-01-24 00:26 | 心の灯火

上瀧浩子の 狂喜/狂気/狂奇発言
日本国内で「日本人は誰でも殺せ」との内容は、日本人という  優位にある集団に対するものであり、差別にはあたらないと思います。例えば、  「日本人女性をレイプしろ」との内容は日本人であることについては差別とは  なりませんが女性差別であると考えます。←-- CLICKしてみてね。(なでしこりんさん、リンクさせていただきました。ありがとうございます。)

こんな人が弁護士だなんて

この人も国賊の一人なんですね。
弁護士辞めてください。

*・:+.。oOo+.:・*.oOo。+.:・。*・:+.。oOo+.:・*.oOo。+.:・*
別件情報
hannichi.png←-- CLICKしてみてね。 非道な過去を恥ずかしげもなく・・・人として信じられませんね。

[PR]
# by lee-lena | 2015-12-18 15:47 | Comments(0)

★2◎◎◎年の恋★ その23 (最終話)
(Real 話から創作)

----------瑛と亜佳里の未来---------
        (あかりのマンションで)



あかりは昔から風邪をこじらせるとすぐに高熱を
出したものだ。


寒がって震えるあかりを何度か抱きしめて寝た夜の事を
思い出した。

今回も寒くなったようで震えている。私は横に客用の布団を
ぴっちりと敷き、薄着になってあかりを抱きしめた。


明るい朝の光で私とあかりは同じ頃目覚めた。
私を見たあかりは幻を見たと思ったのか、私をじっと見た。


『えぇーーーーーっ、どうしてあなたがここに?』
あかりが云った。

「うん、どうしてだろうね・・。」僕はそんな風に答えたの
だった。

その日一日、僕はあかりのお母さんになって一生懸命
お世話をした。そんな僕を、あかりはただただ目を
パチクリとさせて見ているばかりだった。





More ←-- CLICKしてみてね。
[PR]
# by lee-lena | 2015-11-17 01:31 | 心の灯火 | Comments(0)

★2◎◎◎年の恋★ その22
(Real 話から創作)




-------- 未由 -----------


お父さんと今後の事について話をひとしきりした後
午後からはお母さんと一緒にshoppingの約束をしていたので
母の住むマンションに向かった。

インターホンを鳴らしても出て来なかったので持たされて
いた鍵を使って部屋に入った。母は風邪をひいたのだと
云って寝ていた。

かなりひどそうだった。

「病院まで車を出そうか?」と聞くと、いつも安静にして
寝ていたら治るから大丈夫という返事がかえってきた。

なので、出来る事をしておこうと思い、洗濯をしたり
すぐ食べられるようにおかゆを作ったりしておいた。




続きはMoreからどうぞ!



More ←-- CLICKしてみてね。
[PR]
# by lee-lena | 2015-11-15 22:13 | 心の灯火 | Comments(0)

★2◎◎◎年の恋★ その21
(Real 話から創作)

[瑛からの提案]

-----亜佳里-+ 瑛--------


「この家の近所で君だけの部屋を借りるといいよ。
フラッシュバツクで僕の側にいる事に耐えられなくなったり
気分転換したくなった時はそこへ行けばいいから、」と
瑛から提案された。


翌日早々に私達は部屋探しに出掛けた。
(私はこの先瑛と一緒に暮らせるの?と自問自答しつつ。)



*・:+.。oOo+.:・*.oOo。+.:・。*・:+.。oOo+.:・*.oOo。+.:・*





瑛との同居が始まった。

フタを開けてみると独身生活の長かった瑛の日常生活に
対する姿勢は大きく変わっていた。そして何より私に
対する気遣いが生活の場のあちこちにあった。

大切にしたいという気持ちがそこには感じられた。
けれど、それでも私は幸せな気持ちにはなれなかった。

親しい者同士だけに流れる安息の空気がなかったから。

子育てだって一緒にしていない、そして15年間の空白
今さらな戸惑い、相手との距離感への戸惑い。


襲ってくるフラッシュバック。


私はやっぱり週の半分は別宅へ避難して暮らした。

こんな暮らしは止めてやっぱり心機一転一人暮らしに
戻ろうか、そんな想いに捉われるようになっていった。



続きはMoreからどうぞ。


More←-- CLICKしてみてね。
[PR]
# by lee-lena | 2015-11-10 23:35 | 心の灯火 | Comments(0)

★2◎◎◎年の恋★ その20
(Real 話から創作)


旭亡き後のふたりの行方。



----- 亜佳里+瑛 -----


旭との突然の別れの後、少し心情的に落ち着いた頃、
瑛が会いに来た。





 「戻ってきてはくれないだろうか。」





・・・

瑛からこの15年間ずっと私の事が恋しくてたまらなかった
と聞かされた。未由からも瑛がずっと再婚もせず誰とも
付き合わずにいたことをそれとなく聞いていたから
あかりはもう一度自分の気持ちと向き合う為に同居することに
した。


同居を始めはしたけれど、初っ端からあかりは容赦なく
15年以上前に云えなかった自分の本当の思いを瑛に
ぶつけた。


続きはMoreからどうぞ。





More ←-- CLICKしてみてね。
[PR]
# by lee-lena | 2015-11-08 13:48 | 心の灯火 | Comments(0)

★2◎◎◎年の恋★ その19
(Real 話から創作)

Epilogue 結婚後 15年目

 -----亜佳里+旭-----


その日は寒い日でした。
早朝目覚めると隣に旭くんはいなかった。

仕事が忙しくなってきているみたいだからいつものように
徹夜したのでしょう。

起きて行くと、居間の炬燵に上半身を折って寝ていた。

「旭くん、おはよー! お疲れ様。」と小さく言葉を
投げ掛けながら毛布を旭くんの背中に掛けた。

いつものように朝食の準備に取り掛かかることに。
15分もすると味噌汁が仕上がり、焼き魚も焼き上がり
後はほうれん草のお浸しと出し巻き卵でも、と気ぜわしく
最後の朝食の仕上げに取り掛かりながら・・・

「旭くん、風邪ひくから朝食が済んだらちゃんとお布団に
入って一眠りしたほうがいいよ・・。」と声かけをした。


続きはMoreからどうぞ


More ←-- CLICKしてみてね。
[PR]
# by lee-lena | 2015-11-07 18:18 | 心の灯火 | Comments(0)

★2◎◎◎年の恋★ その18
(Real 話から創作)




-----亜佳里と旭の軌跡-----Episode4------
   


結婚後10年め、(たっ、たいへんなことに!)10年目の△▲。


それはもうすぐそこまで春の気配が届きそうな頃のこと。
職場で昼食を食べていた時に届いた一通のメール。



「奥さん、澁澤君と別れてください。私と澁澤君は真剣に
交際しています。年上で子持ちの奥さんに澁澤君は
似合いません。彼を自由にしてあげて。お願いします。」



そのメールを読んだ瞬間、遠い日の封印したはずの忘れられない日々を
思い出していた。 [旭よ、おまえもかっ・・・。]の心境だった。



だけど、疑う前に本人に確かめなくては、そう思った。



午後の仕事を何とかこなし、大急ぎで帰路に着いた
私の目の前には一生懸命にイラストと対峙している
旭くんの背中があった。



私の気配に気付いた旭くんが振り返りいつもの笑顔
で迎えてくれた。


続きはMoreからどうぞ




More ←-- CLICKしてみてね。
[PR]
# by lee-lena | 2015-10-31 19:01 | 心の灯火 | Comments(0)

★2◎◎◎年の恋★ その17
(Real 話から創作)



-----亜佳里と旭の軌跡-----Episode3------
   

結婚後5年目、クリスマスの頃。。。。

新婚旅行に行かなかった私たちは日々多忙な旭くんの仕事に少し余裕が
できそうな事もあり、クリスマス25日~28日までプチ旅行に出かける
ことにした。

温泉ある所に決めました。

その年のクリスマスは上手い具合に雪がシンシンと降り積もりホワイト
クリスマスとなり、いつもマンガチックになってしまう私たち二人を
ロマンチックな世界へと運んでくれた。


あちこち宿泊先を転々とするのは気ぜわしいのでのんびり過ごす事を
コンセプトに3日間同じホテルに宿泊した。

クリスマス仕様のディナーをゆっくりといただき、その後はゆったり
気分で温泉で身体を暖め、夜はロマンチックな気分で寄り添い寝た。

ディナーでワインを飲みました。

普段ほとんどお酒を飲まない私達なので少量のワインでもほろ酔い
気分。


*・:+.。oOo+.:・*.oOo。+.:・。*・:+.。oOo+.:・*.oOo。+.:・*



ホテル周りを翌朝ふたりで散策していた時の事。小さな産まれたばかりの
子猫を見つけました。親猫がいると勝手に手を出せませんが、どうもいな
いようで私達はホテルの部屋に入れて世話をしました。

子猫は初めてで、慣れないながらも旭くんと私とで
ミルクを与えつつ子猫を抱っこし、子猫の相手をして過ごしました。


夜は私達の頭の所にマフラーを使ってティッシュの箱の中に寝床を
作り一緒に寝ました。

私達にまたひとつ新しい思い出と家族が増えたこの冬。

子猫はクリスマスの翌日に見つけたので"クリス"と名付けました。
云うまでもなくその後、旭くんや両親、未由達からも溺愛されたクリスは
我が家のアイドルとなりました。







[PR]
# by lee-lena | 2015-10-31 16:45 | 心の灯火 | Comments(0)

★2◎◎◎年の恋★ その16
(Real 話から創作)



-----亜佳里と旭の軌跡-----Episode2------
   (鍋奉行ならぬ、焼肉奉行と化した旭くん。)

結婚後3年目、盛夏の頃。

私の実家で焼肉パーティーをすることにした時の事。
意外な展開に母も私も大喜びでした。

もう旭くんがチャキチャキ張り切っちゃって、しかも無理してるんじゃ
なくて、もう好きで楽しンでるのが判るから食べている私たちは全く
気を遣う必要がなくて。

旭くんは父や未由とワイワイ、ヤイヤイ、喋り捲りながらそして自分の
口にもお肉を入れつつ手はしっかりと肉を焼き野菜を焼き、私と母は
食べる人だけをやってていい経験なんてほんとに少ないので、おしゃべり
食事をゆったりと堪能して幸せなひと時を過ごしたのです。


こんな幸せが待っているなんて思えない時もあったから
私はその日の幸せにどんなに感謝したことでしょう。

難しい年頃の中学生になった未由だけれど、道を逸れる事もなく
今のところ素直に育ってくれている。

元夫も結構マメに娘との連絡を欠かさず取ってくれているようで、
未由と都合の良い時に会って親子関係上手くいっているようです。

私の前で未由が元夫の事を話すことはありませんが、母から時々
様子を聞いています。

あかりさんと結婚したら、いきなり他に3人も家族ができて僕の人生は
あかりさんで一変した。 本当にありがとう、と旭くんは云うけれど
こちらこそ、ありがとうだよ。

旭くん家族の仲間入りしてくれたお陰で私達(父、母、未由)4人は
たくさんの幸せを貰ってるンだもの。

旭くんのはっちゃけた焼肉奉行振りを思い出すたび、その後も私の胸には
ポッと暖かな灯火がともったのでした。








[PR]
# by lee-lena | 2015-10-30 22:24 | 心の灯火 | Comments(0)

★2◎◎◎年の恋★ その15
(Real 話から創作)




-----亜佳里と旭の軌跡-----Episode1------


結婚後1年め、それは寒い2月の事でした。
その週は寒波が襲い、とても寒い日が続いた。

朝起きた時にチラッと喉に痛みが走りましたがあまり気に
留めませんでした。
普段から風邪などひいても少し頭が痛いなぁ~程度で、
夜早めに寝れば翌日にはケロっとしているほうで健康には
自信があったから。

けれどその日は違っていた。午後4時をまわった頃からいつもと
違うなと感じ、院内の薬剤師に頼んで抗生剤と風邪対応の薬剤を
出してもらい、早めに帰らせて貰うことにしました。

帰るコールは毎日決めてしているわけではなく、気が向いたら
しているというスタンスです。

この日はいつもより早く帰宅するし体調も良くないので
「体調悪くて早めに帰ります。」と旭くんにメールを入れました。

すぐに返信がありました。

『大丈夫? 駅には何時頃に着きそう?』

「今からだと5時頃には着けると思います。」


ちょうどプラットフォームに上がった所で帰りの電車が入ってきたので
少し早めの4:50分に自宅からの最寄り駅に着いた。

ほんとに寒い、頭がズキンズキンしてきちゃったなぁ~。早く帰って
横になりたい・・そんな事を考えながらエスカレーターで降りて
改札口に向かうと、そこには迎えに来てくれた旭くんの姿がありました。

「えっ・・旭くんだ・・うそっ!」
「迎えに来てくれたの? えっ・・うそっ、うそっ!!!」



続きはMoreからどうぞ



More ←-- CLICKしてみてね。
[PR]
# by lee-lena | 2015-10-30 22:10 | 心の灯火 | Comments(0)


Books & Online Novelsのご紹介と英語記事up等
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
Puzzle パズル 24 ..
at 2016-04-18 22:50
Puzzle パズル 23 ..
at 2016-04-18 22:31
Puzzle パズル 22
at 2016-04-16 15:37
Puzzle パズル 21
at 2016-04-16 15:26
Puzzle パズル 20
at 2016-04-15 16:55
最新のコメント
すみません。最近海外から..
by lee-lena at 14:51
こんばんは lenaさん..
by とらふぐ at 23:22
はいっ、かしこまりました..
by lee-lena at 11:52
え?事件簿とやら、up、..
by barnes_and_noble at 21:21
казино попол..
by slot1 at 16:04
игровые авто..
by poker76 at 21:36
игровые авто..
by slots30 at 12:27
Link






1:
2:

【お気に入りblog】
1.

2.サランヘヨ韓国ドラマ2

3.サランヘヨ韓国ドラマⅢ

4..あなかしこさんサイト

5.a>

6.


★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・
  
【お気に入りmale Blog】
1..WE'RE HERE
2..♂♂San Franciscoのひとりごと...3
3.お空に逝かれたTommyさんの first blog
■ナイショの話
(R18)
4.Tommyさんsecond blog
■僕らの週末
5.Tommy さんのthird blog
■未来へ
6.男に告白された男
7.ラグナ君の天気予報
8.パリで男たちと

【英語Blog】

7.Neko-reachoutさんのblog
英会話講師の日々つれづれ


8.上野陽子さんのblog
恋する英語


★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜。、

【メディア関連】
TBS Channel-ch363
KBS World-ch791
フジch721
【BIGLOBE】
★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★

【私関連】

【Books Comment Blog】

【めっせぇじぼぉーど】

【純愛中毒掲示板】

【無料掲示板のご案内】

style-21掲示板

【ドラマ&映画サイト】





アクセス解析

★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆

【Novel website】

詳細は こちら

1

2

3

4

Blog 小説 
2008.11~読み始める
【アキヨシとカレン】Blog5

5-2

6
【Sapporo Love Story】6-2


7

8

cresc.-クレッシェンド9


↓ここからは(R18)18歳未満の方は読むのを控えてください。


10


11
12


(Boy's Love)

13



【Materials】







以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
ブログパーツ
検索
ライフログ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧