<   2010年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

" Girly*Love / IF たとえばこんな愛のおはなし"
愛花さんの "Girly*Loveがりらぶ"websiteさま

[IF たとえばこんな愛のおはなし] 完結しました。
結末を知らないで読んだ一度目。
結末を知って読んだ二度目。

すっかり楽しませていただきました。
愛花さん 完結お疲れ様でした。
そして ありがとうございました。

女性のほうは、結婚してからが恋でした・・みたいな?

More続きはこちらからどうぞ ←CLICK
[PR]
by lee-lena | 2010-02-28 23:59 | ネット小説随時紹介 | Comments(11)

イ・ビョンホンさん " デジタルTVガイド "

デジタルTVガイド ←CLICK/アイリスに関する記事が。



韓国で39.9%視聴率とったようですね。
日本でも4月21日からTBS系で放映決定。
これって関西でも?関東だけかもかも。
BS TBSは今のところ未定ですが、こちらでも放映してくれると
確実に見られるのですが。

日本、ハンガリーでの一ヶ月以上に及ぶロケは心身ともに
かなり疲労困憊したそうです。

4話あたりまで、イ・ビョンホンさんの出したアイディアが
かなり採用されているそうですよ。

アイリスの見所は"海外ロケ。"
その中のひとつが日本の"秋田。"

現場にトイレがなく民家で借りたのですが、借りた自分のほうが
お礼をしなくちゃいけない立場なのに、逆にイ・ビョンホンさんが
立ち寄ったことを喜びたくさんのお土産まで持たせてくれたことが
うれしかったようで、人の心の温かさに触れて仕事にも一層
身が入ったのだとか。

スタッフ達ともいい関係を築け、よい作品に仕上がったようです。

この作品に出たことで小学生のファンまでできて、イ・ビョンホンさん
大喜びですね。


チェ・ジウssi以来久しぶりに? きれいどころの女優さんとの共演で
見るわたしたちのほうも、ドキドキさせてもらえそうで楽しみです。

最近の作品もまだ観てなくて、ちょっとイ・ビョンホンさん離れに
拍車のかかっているわたしも、ドラマをTVで見られたら
またちょっとイ・ビョンホンssiとの距離が縮まるかもかも。

More『悪魔を見た』は此方から ←CLICK
[PR]
by lee-lena | 2010-02-27 11:47 | イ・ビョンホン | Comments(0)

" 英語でしゃべらナイト "
【 Learning English 】 英語でしゃべらナイトテキストより(2004.12)


頭の体操してみます? 英語で考えてみましょうか。



‘*:;,.★ ~☆・:.,;*  ‘*:;,.★ ~☆・:.,;*


・おやつはいかが?(How~?)
   おやつは(s)から始まる単語


・なんでそんなこと知ってるの? (How~?)
   そんなことは--"that"--でいいみたい


・お風呂が沸きました。 ←案外むずかしい?
   沸く=準備ができる



・ それはもうあまり流行ってないよ。
    もうあまり~ないよ--be not ~anymore

‘*:;,.★ ~☆・:.,;*  ‘*:;,.★ ~☆・:.,;*


わたし?

ぜんぜーーーーーーーん、できませんっ。 (>_<)(笑)

  

     ******オリンピック ネタ**********

Takahashi Wins the Bronze Medal in Men's Figure Skating

男子フィギュアで高橋が銅メダルを獲得


HEADLINE NEWS ←CLICK

More ←CLICK
[PR]
by lee-lena | 2010-02-24 23:00 | 英語でしゃべらナイト | Comments(0)

" トラウマよ/トラウマ "
【高校生になってトラウマから解放された!】関連した前のおはなし1


(おはなし)

星夜灯子 (せいやとうこ)=やっぱり負けた14才=
そして             = 15才の初体験   =



何故? " トラウマ "なのか・・・!

次の学年になった時、強く感じたのだった。

ちょっと"いいなぁ~"と、ときめいた相手がいたのだけれど、
やはり緊張して話せなかった。
それで、なんとなく、トラウマを感じた

しかし、好意を持った相手と楽しんで話すことができないなんて、
しかもまだ、やっと中学2年になったばかりだというのに、
それはそれは、切ないものだ。

もしも、一年の時のことがなければ・・・私は異性に対して構えてしまう
ことも、まだもう少し先になるまで、なかったのではないだろうか。

それとも、一年の時のきっかけは、やはりただのきっかけで
異性を多分に意識するという行為は、同じように同じ時期にやってきたの
だろうか?

More続きはこちらからどうぞ ←CLICK
[PR]
by lee-lena | 2010-02-24 00:39 | S/T | Comments(0)

映画 "ザ・ムーン" から  その2
【 Learning English 】

Less than a month later,
Alan Shepard became the first American to go into space.



His fight lasted 15 minutes.



20 days later, on May 25th 1961
newly elected president John Kennedy spoke to congress.




The new astronauts were closely involved in building
the Apollo space craft they would eventually fly.

More←字幕翻訳はこちらからCLICK
[PR]
by lee-lena | 2010-02-22 12:36 | 英語でしゃべらナイト | Comments(0)

 " Boy's Love ボーイズ・ラブ "
おはようございます、もうすぐ午後になろうとしていますが。
今日も例の日本語講座を受けに外出するため、あまり
ゆっくり、パソの前に座っていられないのですが、ちょこっと
いい話を・・・。

(といっても、わたしにとってのことでまったく個人的なものなのですが。)
ちょっとあれなので(アレってなに?^^; )

Moreからどうぞ!

More  ←CLICK
[PR]
by lee-lena | 2010-02-21 11:10 | Books感想 | Comments(2)

映画 "  ザ・ムーン " から
【 Learning English 】


Between 1968 and 1972, nine American spacecraft voyaged to the Moon.


The men on board are the only human beings to have visited another world.


In their own words,this is the story of the men who went to the Moon.


At the beginning of the 1960s,the Soviet Union and the United States
were racing to put a man into space.


On April 12th 1961,Russian Cosmonaut Yuri Gargarin became
the first man to orbit the Earth .

More 翻訳はこちらから ←CLICK
[PR]
by lee-lena | 2010-02-19 22:23 | 英語でしゃべらナイト | Comments(0)

" わたしの片思い・・・ "
おはなし

【 わたしの片思い・・・ 】

わたしの近所には結構たくさんの友達が棲息していた。
同学年から1~4才年下あたりの子供が毎日、遊び相手に
困らない程度に住んでいた。男の子も女の子も。

やっぱり相性というものがあって、わたしはかわいくて、やさしい
奈央子ちゃんが一等好きだった。
奈央子ちゃんは、わたしの家を出てすぐ右側の家に住んでいた。
普段から男子も交えてよく遊んだものだ。


ある日、わたしの家を出てすぐ左側の家に住んでいたひとつ年下の
ちょっと我の強いまこちゃんが遊びに来ていた。

小さめの布団を被って遊んでいたら、奈央子ちゃんが「麻衣ちゃん、
あそぼっ♪」とやってきた。

うれしくて、布団から抜け出して「うんっ」と玄関口に向い、
招きいれようとしたところで、気がつけば、まこちゃんが先に
返事をしていた。

「わたしと遊ぶから奈央子ちゃんとは遊ばれへんねんで・・
なっ、麻衣ちゃん!!」と云い、まこちゃんはわたしを布団の中に
引っ張り込んだ。

わたしは奈央子ちゃんと遊びたかった・・・のに。
泣きそうになりながら、何か云わなくちゃと焦ればあせるほど
自分の気持ちをなかなか口に出せなくて。


気がつけば、奈央子ちゃんの姿は玄関から消えていた。

奈央ちゃん・・待って・・まって・・
一緒に遊ぼうよ・・・・わたしの声は届かなかった。

別の日に、なんとか自分の気持ちを伝えたかったけれど、
ふたりきりで遊ぶ機会は訪れることはなかった。

この後、他の誰かも交えて遊ぶことは何度かあったけれど。

なんとか、あの時のイジワルは本心じゃなかったことを
伝えたかったのに。

ぼちぼちみんながスイミング教室に通うようになった頃、
奈央ちゃんに「いっしょに行こなっ」と約束をとりつけた。

なのに実際行くようになると、奈央ちゃんは他の友だちと
同じスイミングスクールへわたしに黙ったまま、行くように
なった。

とても哀しかった。
騙されたことも、あの時のことをわたしのイジワルだととられ、
わたしがどんなに奈央ちゃんを好きなのか、その気持ちが
届かなかった事が。

その後、わたしたちが遊ぶことは一度もなかった。
奈央ちゃんが地元の中学には行かず、お嬢様学校へ
行ってしまったから。
[PR]
by lee-lena | 2010-02-16 21:01 | 心の灯火 | Comments(0)

" 牛泥棒 " 木原音瀬(著)
木原音瀬さんの 【 牛泥棒 】

またまた引き続き、木原作品を読みました。
これもめちゃくちゃよくて、一気読みしました。

実は、あまり期待してなかったのです。

[牛泥棒]っていうネーミングにまず、泥臭さを感じてしまったのと、
少しどこかでちらちらと目にしたあらすじの一部で、暗い話・・と
勝手に思い込んでいたからかもしれません。

傍若無人な傲慢男の典型が攻めキャラの亮一郎だと、これまた
勝手にちらちら想像していたのですが、かなり想像とは違い
いい奴でして。 (笑)

受けキャラの美少年というか美青年/徳馬は、霊体質で
普通の人には見えないものが見えるっていう設定で、
こういう世界が好きなわたしには、もうもう、うれしい限りの
内容となっています。 (笑)

BLという括りだけでは納まりきらず、ファンタジー&ミステリー
小説とも云えるのでは?と思います。

「えーーーーーっっ、犯罪者になったふたりはどうなってしまうのぉ~(>_<)」
ふたりして、死んだりしないよねぇ~ ・・・と 吼えまくろうかと思っていたら・・
あらっ、、まぁまぁ・・・はぁ・・・こんなやあんな展開で、はぁはぁ、、そうですか・・
みたいな?   (笑)

盛り上がった話は、さてさて・・どう終焉を迎えるのか?とワクワク、ドキドキ
しながら読み進めてみると、

想像を絶する展開の末の終わらせ方に、唸りましたか゛なぁ~。 (爆)

「あ~っぁっ、おもしろかった♪」 とても満足でございます。ごちそうさまでした。


読者の感想等ページをご紹介します。
MOREからどうぞ!
全文読むとネタバレバレになる恐れがありますから、
イラスト確認と内容的なものは、適当にぱらぱらっとだけ読み、
後は本作をgetして読まれることをお薦めしたいと思います。

‘*:;,.★ ~☆・:.,;*   ‘*:;,.★ ~☆・:.,;*    ‘*:;,.★ ~☆・:.,;*


追記:


秋月こおさんの"富士見二丁目交響楽団シリーズ第7部"


最初に出会ったのが図書館だったこともあり、続篇が途中で
途切れていた巻を少しずつ図書館に購入依頼するという使命に萌え燃え、
(この間、1~2冊は私と同じように依頼してくれた方がいたらしたようですが)
今回またまた2冊新刊購入してもらいました。



『スキャンダル』と『訣別』

『訣別』に驚きを隠せず、ちらちらと中のページをちらり読みしてしまいました。 

どうも富士見二丁目交響楽団シリーズとの別れのようです
・・・う~むむむっっ。(=`~´=)

あぁ これからどうなっていくのでしょう。 
また後日、少し記事upしてみたいと思います。








More←アドレスはこちらからどうぞ!
[PR]
by lee-lena | 2010-02-16 01:06 | Books感想 | Comments(0)

" 薔薇色の人生 " 木原音瀬(著)
木原音瀬さんの【■ 薔薇色の人生 】

ひさしぶりに木原音瀬さんの本を読みました。

ものすごぉ~くよかったです。

一ページまた一ページと・・・捲って過ぎてゆくのがとてももったいなくて。
あっという間に分厚い本だというのに、読み終えてしまい、寂しいですね。

それくらい非常に手ごたえのある、面白い作品でした。

それは、あまりにもなさそな話で、" ありえねぇ~っ"て思いながら
読んでいるのに、そして百田という(一応)攻めキャラのヘタレさにも
バックグラウンドにも、思わず暗いよなぁ~ぁ、どうするのよっ、これからっ
さぁさぁ、、さぁさぁ、って思いきや、物語は案外楽しげな雰囲気もありぃ~ので
進められていくのですよ、これが。 (笑)

百田がマネージャーとして勤めている風俗の店の名が・・・
「苛めて♪エマニュエル倶楽部」。

最初のほうで、この店の名が出てくるのですが、なにやらめちゃくちゃ
楽しげな名称でしょ。 もう ここで、これはいけるっ ←なにが?(笑)

一ページめから、これですから最後までビューーンっと駆け抜ける
ように全力疾走で気がついたら読み終えていた・・っていう感じかな。
気持ち的にですが。

実は、彼等の人間くささというか、きれいな
心根に何度か泣きましたね。



いろいろと用事があるので、実際には時々別のことに時間をとられたり
しましたが、まぁ、今日一日で337page 読了しましたね。

不器用だけど誠実なロンちゃんと、人様には云えないような脛に傷持つ
百田は、世間的に見ると到底交じり合わないようなバックグラウンドを
持ちつつも、互いを絶対無二の存在として、超真剣なお付き合いを
してゆきます。 

ふたりの甘いとろけそうな雰囲気に、読み手もメロメロになってまして。(笑)

 性別も職業も過去も関係なく裸と裸そして、魂対魂、
 そういう人間同士としてまるごと相手を愛し、慈しめる美しい
 究極の魂の触れ合い、そんなものに触れて、なんだかすごく
自分の魂もより一層浄化されたような気持ちにしてもらったような気が
します。


読後感をとっても気持ちよくしてもらえる一冊となっています。

More 本のイラストはこちらから←CLICK
[PR]
by lee-lena | 2010-02-11 23:59 | Books感想 | Comments(0)


Books & Online Novelsのご紹介と英語記事up等
最新の記事
Puzzle パズル 24 ..
at 2016-04-18 22:50
Puzzle パズル 23 ..
at 2016-04-18 22:31
Puzzle パズル 22
at 2016-04-16 15:37
Puzzle パズル 21
at 2016-04-16 15:26
Puzzle パズル 20
at 2016-04-15 16:55
最新のコメント
すみません。最近海外から..
by lee-lena at 14:51
こんばんは lenaさん..
by とらふぐ at 23:22
はいっ、かしこまりました..
by lee-lena at 11:52
え?事件簿とやら、up、..
by barnes_and_noble at 21:21
казино попол..
by slot1 at 16:04
игровые авто..
by poker76 at 21:36
игровые авто..
by slots30 at 12:27
Link






1:
2:

【お気に入りblog】
1.

2.サランヘヨ韓国ドラマ2

3.サランヘヨ韓国ドラマⅢ

4..あなかしこさんサイト

5.a>

6.


★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・
  
【お気に入りmale Blog】
1..WE'RE HERE
2..♂♂San Franciscoのひとりごと...3
3.お空に逝かれたTommyさんの first blog
■ナイショの話
(R18)
4.Tommyさんsecond blog
■僕らの週末
5.Tommy さんのthird blog
■未来へ
6.男に告白された男
7.ラグナ君の天気予報
8.パリで男たちと

【英語Blog】

7.Neko-reachoutさんのblog
英会話講師の日々つれづれ


8.上野陽子さんのblog
恋する英語


★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜。、

【メディア関連】
TBS Channel-ch363
KBS World-ch791
フジch721
【BIGLOBE】
★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★

【私関連】

【Books Comment Blog】

【めっせぇじぼぉーど】

【純愛中毒掲示板】

【無料掲示板のご案内】

style-21掲示板

【ドラマ&映画サイト】





アクセス解析

★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆

【Novel website】

詳細は こちら

1

2

3

4

Blog 小説 
2008.11~読み始める
【アキヨシとカレン】Blog5

5-2

6
【Sapporo Love Story】6-2


7

8

cresc.-クレッシェンド9


↓ここからは(R18)18歳未満の方は読むのを控えてください。


10


11
12


(Boy's Love)

13



【Materials】







以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
ブログパーツ
検索
ライフログ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧