<   2008年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

Diary [10/25/'08]
実はこの日記を書いた後、また20話まで視聴しました。

ほんとに次から次へと・・・。  笑)
どのキャラも笑えるのですが、サマンサがかなり気にいってます。  大笑)

最後に4人とも、ちゃんと最愛のハズバンドと結ばれる・・という設定ですが、
私的に一番好みのタイプの♂と結婚するのが、 な、な、 なんと サマンサ。
あれだけ、遊びまくってそれですか?
笑うしかありませんでした。 

し、・・しかしっ、 よくもまぁ こんなドラマができ、視聴者に支持され人気を博したものだと
感慨もひとしおです。  笑)


シャーロットの台詞ですごく反応した箇所があります。
↓のMoreにて書いておきます。

★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜


【Learning English】

Btw,do you know the program "Sex And The City."


I just watched till 12th episode on recorded(videotaped)Tv program.
One male blogger said, "What fascinating lots of females?"

So I have been thinking about it, but it is difficult.

I think they, the four main characters are very strange.
They have been getting roped one lover after another.

About the sex, they seem to be really free-wheeling.

They have sex with one man after another.

Sometimes they have a serious romance, though. It seems to me that their sex is pleasure acting.

Their behavior(love and sex)is too expansive(-open-minded),I feel it would be a lot more refreshing.

More概略 ←CLICK
[PR]
by lee-lena | 2008-10-30 00:49 | 英語でしゃべらナイト | Comments(7)

Diary [19/12/'08]
【Learning English】

① Actually I just got some English-language books at the Yahoo auction to do more reading.

①' *Actually I just got some English-language books at the Yahoo auction to read extensively=多読する(-widely)



  **extensively - 広範囲に渡って/ 集中的に / 何度も


② It was hard because of vying(-fighting) some rivals.^^;


**vie - 競争する

Btw,I want to change my sentence. ①→ ①'に。



How about this? ↑ ①' 



The phrase I want to express means reading many books of my realistic level.


Are both of them almost same or not?


**********************************************************


to read extensively= to read a lot of books



to do more reading =to read extensively= to read a lot of books

MAGIC THREE HOUUSE.JPGMAGIC THREE HOUUSE2.JPG

※・・んでもって こちら、今日届いた多読本のうちの一冊です。
 わたしには、まだまだ難しいです。

概略はこちらから←CLICK
[PR]
by lee-lena | 2008-10-29 01:01 | 英語でしゃべらナイト | Comments(0)

"  オンライン小説 " 錯覚の境界線/加納俊哉くん

遡ること、少し前のこと。

オンラインNovels、Booksに限らず映画などもそうですが、
大抵、同じ作品は読まない(観ない)んです。
最近、新規開拓しても筆力のある作家さんの作品はかなり網羅してしまった
こもあって、なかなか嵌れる作品が見当たらなくて寂しく思っていました。

そんななか、またまた大好きなHanaさま家(website)の 
【錯覚の境界線 】の加納俊哉くんに会いに行ってしまいましたぁ~。^^;

時間もないので、最初は恐る恐る番外編から。
何せ三回目の読書ですからぁ~。

どこから読んでも付いていけますわぁ~状態です。 笑)
もう次の日には、時間もないのに、、、読む小説本はたっぷり家のクローゼットに
眠っているというのに、気がついたときには、最初から読み始めてました。

読了後、やっぱり  俊哉くんLoveなんだなぁ~ 自分・・って 。(ハート)
でもどう転んでも どちらかというとネチネチタイプで運動音痴な私では
滝沢あかりチャンには程遠いキャラでして。 (ガクリ)


俊哉くんみたいなやわやわクンに囲われていたなら、
超幸せな学生時代だったろうな・・とあかりチャンに嫉妬・・・。  笑)  

読む都度に、何気にあかりチャンにジェラシー燃やすわたしなのでした。


:*♪.;".*★・;・:★・;^・;♪*.";.*:  :*♪.;".*★・;・:★・;^・;♪*.";.*:

サイトさまのアドレスは既にご紹介済みにて 左側下にリンクしてあります。

そして、さらに 【戸惑いの変化する指先】←CLICK
[PR]
by lee-lena | 2008-10-26 23:33 | ネット小説随時紹介 | Comments(6)

" 心の処方箋 "4
- 画像数枚と記事
イ・ビョンホンNEWS

★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜

(0=Zero)と(1=one)の違いはたったひとつ・・・
       けれど、そのたったひとつはとても大きいのだ。

   もしかしたら、、100の違いよりも大きい力になったりするのかもしれない。


それは、14年間の学業期間において、たった一度の危うい一年間の話なのだけれど。
たった一度だけ、どうにもこうにも、クラスにまったく溶け込めないことがあった時のこと。
まず、女子に馴染めず、そんな風で男子とも仲のよい友達は作れなかった。
こんなことは、田舎で過ごした小学校一年生以来のことだったと思う。

そんな中、女子男子問わず、なかなか人気者の女子Kさんが
わたしといつも行動を共にしてくれたのです。 

クラスの雰囲気にどうしても馴染めなかった中学2年のわたしは
嘗てないほど、内気な人間としての印象を振りまいていたのではないかと。
中学3年は、これまた嘗てないほどクラスに馴染み、役員にも選ばれ
勉学のほうも上昇気流で日々、ルンルン ♪状態で、友達もたくさんでき。

そんな様子見ていた2年の時に同じクラスだった同級生から言われた言葉は
「Hさん、2年の時と同じ人とは思えない、まるで二重人格や・・」という驚愕を
含めたphrase。

それほどに2年時のわたしのイメージは暗く内気なものだったはず。
周りのどのクラスメイトとも、すごく親しくしていた彼女Kさんがどうして
わたしと仲良くしていたのか、当時から不思議でしようがありませんでした。

結構、女の子ってそういうところシビアだと思うんですよね。
華やかでリーダーシップをとれるような子たちは、そういう子ばかりで
グループになりやすいっていうか。 

悲しいかな、中学2年時のクラスってそういう華やかで押しの強い子ばかりの
クラスで、元々どちらかというと、活発な面もあるものの、華やかな
同級生の前では大人しい部類に入らざるを得ない自分は、やはり
そういう雰囲気に呑まれていたと思います。

わたしがKさんに感じたのは、
「何か、周りと仲良くはしているけれど、基本的に深くべったり
他のクラスメイトとはつるみたくない事情があったのかも?」と
いうようなところでしょうか。

どうしても馴染めずに毎日、ちくっと心に不安を抱えて過ごした一年間でしたが、
Kさんは、小さな喧嘩をした時でも、やっぱりわたしを放って、他の友達に走ることなく
わたしの側にいてくれました。

とかくこういう関係の場合、喧嘩などしようものなら幾らでも
彼女には親しくできる友だちがたくさんいるのだから、
そっちへいってしまうと思いますよね。

どうしてこんな風にKさんのことを語るかというと、
わたしといるからといって、じゃぁ Kさんがわたしに特別な好意を持っていて
それでいつも一緒にいてくれたのかというと、そういうものでもなかったからなんです。

毎日一緒に行動を共にしていたら、自ずとこの辺のことは分かりますよね。
だから、ますます 彼女のことは謎でした。

謎だらけの関係であっても、 このときのたったひとりの友達のお陰で
わたしは正直とても救われました。

Kさんという存在がなければ、信じられないほど他のクラスメイトと接点を
持てなかったわたしは、かなりキツイ一年を過ごさなければならなかったはずだから。

たったひとり・・・だけれど、そのたったひとりの存在が、わたしの一年間を
助けてくれたのでした。

【Learning English】←CLICK
[PR]
by lee-lena | 2008-10-26 01:15 | 心の灯火 | Comments(0)

 " 心の処方箋 "3
主題と記事内容がズレていくような気がしますが・・・
最後にぴったりあいますか、・・^^;

想う心 / 想い続ける心 / 想うという意志 /
願い続ける(想い続ける)という行為は存外(おもいのほか)に
大切な事かもしれません。
全てが叶う訳ではありませんが。

さりとて、叶うことすらしないのでは、
自分の想いや願いは完全に、届かず叶わずでは
ないだろうか。

あんまり欲張ると何も叶わないかもしれない。
望みはひとつかふたつに絞ろうか。

今は随分と著名になられてる某芸能人の方、
子供時代(小/中/高)まで範疇でいいのかな?
ちょっと記憶あやふやなのですが、とにかく
子供だった頃、 誰かと視線があった時、
自分は微笑みかけるのに対して、相手から
視線を無情にも逸らされたりしたことで
人間不信に陥ったと聞きます。
 "トラウマ"として、しばらく残ったようですね。

この話を聞いたとき、この方をMさんと呼ばせていただくとして、
Mさんって やさしくてpureな魂を持つ人なのだ、と
思いました。
大人も子供も出会った相手がただの顔見知りくらいだと
挨拶もしない人が多いように感じます。
もっとひどいのは、過去に何度かちょっとした
話をしたことのある人でも、ちゃんと声に出して
「おはようございます」の云えない人が多いという事実。

まぁ、がくっ・・ときたこともありますが。^^;
なんだかそういう相手に対して、いいにつけ、悪いにつけ、
いちいち 自分の感情を揺さぶられる
(次にそういう人と出会ったときにどうしようかと迷う心のことね)
のは癪にさわるので、あるmy ルールをわたしは決めています。

こちらから挨拶をしても、ちゃんと声に出して挨拶
しない人には、次からはこちらも声を出しての挨拶はしない。

擦れ違う時に、知らない方でもお相手が声に
出して、挨拶してくださったら、ちゃんと声に出して
お返しする。 
 
迷う心さえ、無くなるよう自分の中で心の
準備ができていると、あまりこういったことで
傷つかないで済むようにおもうのですが。

【Learning English】←CLICK
[PR]
by lee-lena | 2008-10-24 01:32 | 心の灯火 | Comments(0)

" 心の処方箋 "2

わたしにとっての現在の " 心の処方箋 "と 云えば、あれでしょう~~~~~っ★
Boy's Love本。
特に、その中でもめちゃくちゃ嵌まれる作品に遭遇した時は最高ぅ至福の時・・って感じですね。
このBoy's Loveに移行する前は、 オンライン小説の恋ばなを夢中になって読んでいたのですが。

どちらも、最後はほぼ、ハッピーエンディングで終わってくれるところがうれしいですよね。
お話の中でくらい、ハッピー/はっぴーで終わってよ・・・という感じです。

単細胞でこ難しい理論は苦手ゆえ、アンニュイ感の漂う雰囲気は好きでも、最後にお話の締めくくりとしてえっ?どういうこと?って感じのはっきりしない終わらせ方をしているエンディングは最後の最後まで(・・ってほんとの最後ではなくて、一歩手前までね)、読ませてくれた作品であっても、その一番最後があいまいな終わり方をしていると、がっくりきてしまうほうなんですよね。納得できないっていうか。唖然ボーゼンとさせられるのは、嫌いです。 笑)

うまくいかないのは、現実のお話だけでよいわよ・・って感じ?! ^^;

Boy's Loveと云えば、♂×♂ 同性愛を描いたものなんですが。
オンライン小説で初めて知り、図書館でまたまた出会い、最初に出会った作品が素敵だったので違和感なく、のめり込む事ができたわけですが。

遠い記憶を思い起こしてみると、 あらあらぁ・・って感じで、同性愛の話と出会ったのは、実は
最近のことではなかった・・・ってことに気付いたのでありました。
なんででしょうか?

Boy's Loveに嵌まって随分してから、「あれっ、、そういえばわたし、随分昔comic に嵌まっていた頃に竹宮恵子さんの作品でもう既に同性同士のお話とは出会っていたじゃない」・・って。

ただ、story展開が、今のBoy's Loveの典型的な王道ものではなかったように記憶しています。 もう手元に本も残っていませんし、あらすじの詳細も記憶にないものですから・・・こちらでどんなお話だったか・・・説明できませんが。

随分若かりし頃のことですが、その頃・・何も違和感や嫌悪感もなく、ただただ面白いそのstoryに魅かれ、読み耽っていたような気がします。 基本的に きれいな人が好きなので(誰でもだいたい多かれ少なかれそうだと思いますが)主役キャラと絡むキャラがきれいなら、同性同士であるとか、ないとかは、きっと2の次なのでしょう。 
全く、問題なく当時、読んでいたのですから。

そうなんです、 今は、余程の作品でない限り comic はかなりきついですね。

20代前半の頃コミックを結構読んでいた時期がありました。
この頃は comic に 心癒されていたんですね。
それと、やはり 当時は勤めてましたので、休日の長ぁ~~~~~★っい惰眠に。

嫌なこと、悲しいことがあると寝てました。  笑)
とにかく、意識を手放して、別の世界(どこ?^^;)に旅立つのです。 
寝ているとき、人の意識はどこに?(どこかにワープしていたらすごいなっ)なんて思いますが。
幽体離脱できるある人(例えばシャーリー・マクレーンさん)の話では、精神/魂がどんどん体から抜け出してどんどん上昇し、地球さえも突き抜けて宇宙まで・・・飛んでいった・・というような体験もされているとかで。

そういう体験ってなんか、知りたいってぃうか、感じてみたいっていうか。
死ぬと必ず魂が抜け出すそうですから、事実なら一生に一度は?わたしたちも皆、いつか経験できるんですよね。 ^^;hahahぁ~ぁっぅ。

★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★To be continued later。、:*:。.:*:・'゜
[PR]
by lee-lena | 2008-10-22 01:09 | 心の灯火 | Comments(2)

" 心の処方箋 "
世知辛い世を生きているわたしたち。

つくづく、しみじみ "心の処方箋"がほしくなります。^^
ストレス解消法ともいえるかもしれません。

家族という小さな社会から、世間(会社/学校/地域etc)所謂人と人とが交わる社会まで、
一番難しいのが、親子/兄弟姉妹/夫婦/恋人/友達をも含めての人対ひとの対人関係ではないかと思うのですが。

例えば、ほしいものはたくさんあると思いますが。
お金や物品という物欲もさることながら、精神的なものまで。

また今まで持っていたはずのものが手の中からするりと零れ落ちてしまうこともあるでしょう。
ないものと、失くしたもの。

ないものは、すごくほしいし、失くしたものは、もう一度自分の手元に取り返したい。
でもただ、そういう気持ちのまま立ち止まってしまっていては、悲しいし、苦しいばかりになってしまいますよね。

"あるもので喜ばせてもらいましょう"という説法を聞いたことがあり、その言葉をちょくちょく思い出します。 

"あるもの=自分が手にしているもの(持っているもの)" 

そして、ないもの、持てないもの・・・。

それは、身体機能にどこか病気等で動かせない場所があったり事故で身体の一部を失くしてしまうことであったり、、産まれつきの障害を抱えていたりだとか、病気に罹っている箇所があって完全に健康体でないということであったり。

またそれは、環境面や精神面でのこともあるでしょう。
例えば片親しかいないことであったり、天涯孤独の身であったり、再婚同士の家族でややこしい感情が犇いているそんな家庭環境であったりとか。家族の誰かが自殺してしまったりだとか・・
突然死してしまったりだとか。

学業面でなかなか周りに追いつけない劣等感だとか、苦悩だとか。
今流行ののワーキングプアよろしく、なかなかうまく自分の望み通りの職業につけない焦りが生じたりだとか。 リストラでお先真っ暗である・・だとか。

経済的事情で行きたい大学に行けないだとか。
なりたいものになれないじれったさだとか。

数え上げればキリがないほど、困った事柄の多いこと。

その度合いを地震の震度で表すとしたならば、
震度数は、多少違っていても、少なからずなにがしか、人の上にもたらされる災難/試練の数々。

何かに夢中になれることがあるといいと思います。
夢中になっている間は、すくなくとも、意識を別の方向に向けていられるから。


もう若くはなく、これから職業を決めるために何かを準備する(集中してそれに向かっていくというようなこと)、とかいうこともない自分は、それでも振り返ってみれば、つくづく救われていたなぁ~と思います。

とても精神的にも肉体的にもしんどい時期、インターネットでの出会いと交流が気持ちを悩みごとから離す方向に働いていたようで、悩みは悩みとして無くなったわけではないけれど、随分救われていたように思えます。

別に初めから逃げ道を探していて、それでネットの世界を彷徨ったわけではなく、ほんとうに自然な出会いでしたし、これで救われていたんだなぁ~と感慨に耽ったのも、ずっと後のこと。
そして、そこでの出会いにも自然な流れの中での別れがありまして。 一区切りという感じでした。HPと掲示板を持っていた頃のお話です。 なんとなく、HPや掲示板の運営に区切りを付けたくなってしまったんですね。  やりたいことはもうやり終えた・・という感じでしょうか。 

・・て書くと、とっても奇麗事なのですが。
だからといって、と゜ろと゜ろで終わったのか?というとそういうことではなかったかと思います。
自分がたまたま止めたい方向に気持ちが傾向き始めると、周りにも以心伝心するのか?と思うくらい交流してた方たちにのほうにも、それぞれの家庭の事情みたいなものがあって、ネットする時間を取れなくなってきたり・・みたいな。

「あぁぁぁ、ほんとに楽しいお祭りだったね」みたいな感じで、夏祭りは終わりましたとさ、みたいなほんの少し感傷的な気分も抱えて。 

*****To be continued later*********

Learning English ←CLICK
[PR]
by lee-lena | 2008-10-21 01:04 | 心の灯火 | Comments(4)

【ラスト・ホリディ】 クィーン・ラティファ
【ラスト・ホリディ】 / ヒューマン・コメディ

wowow予定表掲載記事から

"余命3週間と宣言されたヒロインが、残された日々を楽しもうと全財産をはたき豪華な欧州旅行へ出発するが。"
何気にチャンネルつけて見ただけなので、途中から・・・録画ではないので~ながら視聴になってしまい、ところどころ抜け々。^^; 
最初から見てないのが、少し心残りです・・・・が、今月は今日のみの放映なので・・・・。
来月再度放送が入るようでしたら、最初の30分見てみたいと思います。

主人公は黒人シンガーでもあり、女優でもある、[クィーン・ラティファ]という方。

この主人公と結ばれる予定?の未来のハズバンド役の方も黒人で、ふたりともお世辞にも美男美女とは云い難い。 
storyと何故か?メインキャラの魅力で画面に釘付け。
映画はなかなか満足する作品に出会えないのですが、これは傑作。
そして、元気をくれる作品ですね。

お薦めです ♡

なんていうのかなぁ~ 世知辛い世の中に、ギスギスした現代を生きる
寂しぃ~い(寒い)私たちの心に、潤いと癒しをきっともたらせてくれるはず。


『ウィキペディア(Wikipedia)』クィーン・ラティファ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%95%E3%82%A1

公式サイト/クィーン・ラティファ←CLICK

【Learning English】←CLICK
[PR]
by lee-lena | 2008-10-16 13:44 | 芸能(俳優・女優) | Comments(12)

" いつか " By LBH

いつも間に・・って遅い反応になってしまいましたが イ・ビョンホンさん新作ドラマ[アイリス]に出演がきまってぃたんですね。5年振りだとか。

chosunonline.com/LBH
画像が数枚.chosunonline.com10/6

★いつか★←CLICK少し視聴可


★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜

昨日?一昨日だったかな?
韓国の亡くなられた女優さんの弔問に向かうビョンホンssiをTVで見かけました。

今日の【Learning English】  ←CLICK
[PR]
by lee-lena | 2008-10-15 11:55 | イ・ビョンホン | Comments(3)

 " コアリズム " 究極のダイエット
☆相撲界といい、公安といい、日本人はいったいどうなってしまったのだろう。海上自衛隊のテロなどにも対応する為の特殊任務につくべく、特殊部隊「特別警備隊」隊員を養成する第1術科学校(広島県江田島市)の特別警備課程で男性3等海曹(当時25歳)が、1人で15人 を相手にする格闘訓練の最中に意識不明になり、約2週間後に死亡していたことが分かった。所謂リンチのような形で亡くなられたとか。詳細はMoreから ↓050.gif
           ↑
 (一部、云い回しを訂正しました。)


★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜

たまたまBSフジを見ていたら、"コアリズム"と云って、いわゆるカップルで踊るソーシャルダンス系のほうで踊って上位のほうにいる踊りの達人たちが開発したものらしく、最近日本にも上陸(DVD発売)してかなり人気のようです。 何人ものコアリズムにチャレンジ(大抵2週間)した人たちを画面上に登場させて宣伝。 みなさん一様にお腹が引き締まり、お腹だけでなく顔も、そのほかもBody全体的にひきしまり、思わず買いたくなるような宣伝でした。

くわばたりえさんという方は、激細り。(彼女の場合はウエスト20cm痩せる宣言していたので40日間のコアリズムに挑戦でした。)
太鼓腹だったのに、モデルにでもなれそうなほどの美ウエストの持ち主に。(グラビアモデルにもなれそぅ~~~~~~~~~~っ)

くびれるレポートBlog

詳細レtポート

動画

でも、きっと彼女死ぬほど毎日、キチキチっと頑張ったのでしょうね。いくらいいエクササイズでも続けないとどうにもなりませんもんね。 わたしも購入して・・・って思いますが、きっと無精者なので 無理。途中で投げ出すのが目に浮かびます。 泣)でも腰痛にもよさそうなので、自分流でゆるいのを少しずつtryしてみようかと。 もちろんDVD=お手本などありません。 我流でぇ~~~~~~~~~~っす。  笑)

More   ←CLICK 
[PR]
by lee-lena | 2008-10-14 20:48 | whatsnew♡ | Comments(1)


Books & Online Novelsのご紹介と英語記事up等
最新の記事
ご無沙汰しています。
at 2017-11-11 15:32
Puzzle パズル 24 ..
at 2016-04-18 22:50
Puzzle パズル 23 ..
at 2016-04-18 22:31
Puzzle パズル 22
at 2016-04-16 15:37
Puzzle パズル 21
at 2016-04-16 15:26
最新のコメント
すみません。最近海外から..
by lee-lena at 14:51
こんばんは lenaさん..
by とらふぐ at 23:22
はいっ、かしこまりました..
by lee-lena at 11:52
え?事件簿とやら、up、..
by barnes_and_noble at 21:21
казино попол..
by slot1 at 16:04
игровые авто..
by poker76 at 21:36
игровые авто..
by slots30 at 12:27
Link






1:
2:

【お気に入りblog】
1.

2.サランヘヨ韓国ドラマ2

3.サランヘヨ韓国ドラマⅢ

4..あなかしこさんサイト

5.a>

6.


★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・
  
【お気に入りmale Blog】
1..WE'RE HERE
2..♂♂San Franciscoのひとりごと...3
3.お空に逝かれたTommyさんの first blog
■ナイショの話
(R18)
4.Tommyさんsecond blog
■僕らの週末
5.Tommy さんのthird blog
■未来へ
6.男に告白された男
7.ラグナ君の天気予報
8.パリで男たちと

【英語Blog】

7.Neko-reachoutさんのblog
英会話講師の日々つれづれ


8.上野陽子さんのblog
恋する英語


★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜。、

【メディア関連】
TBS Channel-ch363
KBS World-ch791
フジch721
【BIGLOBE】
★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★

【私関連】

【Books Comment Blog】

【めっせぇじぼぉーど】

【純愛中毒掲示板】

【無料掲示板のご案内】

style-21掲示板

【ドラマ&映画サイト】





アクセス解析

★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆

【Novel website】

詳細は こちら

1

2

3

4

Blog 小説 
2008.11~読み始める
【アキヨシとカレン】Blog5

5-2

6
【Sapporo Love Story】6-2


7

8

cresc.-クレッシェンド9


↓ここからは(R18)18歳未満の方は読むのを控えてください。


10


11
12


(Boy's Love)

13



【Materials】







以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
ブログパーツ
検索
ライフログ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧