<   2007年 11月 ( 39 )   > この月の画像一覧

" 境界線 "
【三白眼】さんぱく‐がん
黒目が上方にかたよって、左右と下部の三方に白目のある目。人相学上、凶相とされる。


★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜

この世界に存在するのが本当の自分なのだろうか!

それとも、忘れることのない遠くの記憶の彼方に漂うあの世界に自分はまだ、留まっているのではないだろうか!

ふわり・・ふわり、境目が曖昧になってしまう自分の精神。

どんなに違う世界にいようとも、私を捉えて離さないあの世界。
あの世界こそが自分の全てのようにさえ思え、とまどう自分を感じる。

わたしは8歳の時、お金で買われて実母の住む家にやってきた。
愛情はおろか、衣・食・住・教育となにひとつ与えられずボロキレのようにただ生きていた自分。

義母は満足に食事も与えてはくれなかった。実父は見てみぬふり。
義母に実子がいたことと、貧困がそのような私に対する仕打ちに拍車をかけたのであろう。

その頃の私は どんな子だったのだろう!
曖昧な記憶でしかないものを辿ってみる。 
何も見つけられない。


手にした口に入るもの(食)は、次にいつ与えられぬか分からない不安から土の中に埋めていた。 そして飢えると、その中の貯蔵食で飢えを凌いだ。
毎日が生き延びることで必死だった。  生き延びようとする本能のままに。


実母は父に愛想を尽かし家を出た後、精神を患っていた。


家を出て数年後、そう・・私が8歳の時、母方の親戚の助力もあり実母はお金を8万円払い、父から私を買い取ってくれた。 母が私を物か何かのようにお金で私を買いたがったのではなく、父が私をお金と引き換えにしたかったからだ。

飢えの恐怖から解放された。
母、祖母、叔父、叔母、従兄妹たちから愛情が注がれた。
教育も受けさせて貰えた。

心というものを持てなかった私に心を育てくれた。
悲しみの涙を知った。
人としての喜びを知った。
輝かしい未来のあることを知った。


元々、平均値よりもかなり高い知能を有していた私は、偏差値の高い大学を卒業し、大企業に就職した。  結婚もし、子供にも恵まれ、人並みの家庭も持った。

それなりに人生の浮き沈みも経験したけれど。
けれどそれは、ふとした拍子に現れて私に問いかけるのだ。
本当にこの世界に存在するのが、わたしなのだろうかと。

あちらの世界で地をはいつくばって生きていた小さな自分・・・・。
その存在がわたしの中から消えることはない。

私がわたしである限り。
[PR]
by lee-lena | 2007-11-30 09:17 | 心の灯火 | Comments(4)

Arena Tour

ツアーのビョンホンssiのいろいろな表情が・・・こちらから(comment欄にアドレスが)
[PR]
by lee-lena | 2007-11-29 10:13 | イ・ビョンホン | Comments(3)

韓国メディアの批評
今宵、こんな 音楽如何ですか?  I posted a classical music Flower Walz by Chaikovski. If you like it, here you are.
花のワルツ-チャイコフスキー♪

★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜
Arena Tour 名古屋からでか版画像-comment欄にアドレス 

翻訳機から

[記者席]寒流スター日本行事内容とても貧弱だ


イ・ビョンホン


寒流という言葉が流行った後 ‘お前も,私も行く’と言う表現が似合うほど日本では韓国スターのファン合コン行事が並んだ.相変らずファン合コン形式のイベントは韓国芸能人の公式的な日本訪問に一番有り勝ちな ‘名分’に活用されている.

ところで元はと言えばスターとファンが会うという単純ながらも明快なこのイベントは奇形的な寒流の派生商品にあたったりした.


歌手はアルバムとコンサート,学ぶ映画やドラマみたいな作品を生産して,大衆はそれに対する対価を支払って沸き返えると言うのが文化コンテンツの一般的な流通方式ならファン合コンはスターの顔を見ることさえ有料化することができるということを証明した.

More続きはこちらからどうぞ
[PR]
by lee-lena | 2007-11-28 19:26 | イ・ビョンホン | Comments(3)

更新できなくて

 ■読むのに忙しくて、感想がなかなかupできないのが悩みの種です。

  今日は 簡単にですが、つらつらっと 書きなぐってみました。
  また後日、もう少し丁寧なものをupしたいと思います。


★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜

【お薦めできます。】


最近、何気にBook-off店で手にした 小川いらさんの作品が なかなか ヒットでした。 6冊購入したものを手持ちは全部よみおえましたけれど、、失敗はなかったかな・・・。

軽い気持ちでサクサクッと読めちゃう作品なんですよ。
んでもって、 目がとっても走る作品で、あれかなぁ~っっ キャラクターにやっぱり 魅力があるのかなぁ~って思います。

それと 全部の作品がってわけではありませんが、 かなり うまい 突っ込みの台詞なども、お気に入りです。


【胸にしまっておけよ】こちらがその、うまい 突っ込みありの作品で。


他に【極悪な関係】これは離れ離れにいた父親と、8歳の時に暮らし始め、、あんなやこんな関係に。その父親と話の途中で出てきた弁護士と、最終的にどっちと まとまるのよ?・・っていうのが、最後の最後までなかなか 見えてこなくて・・・。まぁ、この辺で ハラハラしながら最後までいけたのはやはりよかったというべなのでしょうか。

結末が早くに見えると、ちょっと読み応え、なくなってしまいますものね。


【極東のプリンス】疲れすぎてたせいでしよぅか? 最初・・ありゃっ、、はずれかな?と思いきやっ、、 これがまた 泣かされちゃったりして、2~3回も。  笑) よかったです。一国のプリンスを最後の最後で喰っちゃった パーソナルアシスタント・・この辺がやっぱりBoy's Loveならではねぇ~なんて。


【獅子座の男】 これ主役キャラがとっても地味で純朴青年なのですが、そこがすごくよかったですね。片や・・相手キャラはどうしようもない男って云う感じで描かれているのですが・・その実体は・・ こんな男でした・・みたいな。誠実な人間の想いをちゃんと受け止められた・・っていうことで この相手キャラ レオの高感度がわたしの中で・・というか、読み手の中でupすること間違いなし。

【誰よりも大切な人】 ヤクザよりもヤクザらしい 医者のユキと 小さな離島でのどかな風景ややさしい島の人たち、素直な子供たちとの生活に癒される小学教員の 雅之 が紡ぐ恋バナ。都会に住み慣れた男は、島での生活を馬鹿にしている風だったけれど・・・恋の力はやはり大きかったようで、一時だけのつもりでいた島での暮らしを選択します。

【雨がやんだら】 これが最初に読んだ作品です。 ちょっと個人的にあわないstoryでしたが、作品が悪いとかそういうのではないです。書かれていない部分が、気になったりして。主人公との別れを決意した元恋人の別れる時の心情がもっと 知りたい・・なんて、それがストレスになってしまいました。>< 想像力で補えないわたしのせいでしょう・・・きっと。
[PR]
by lee-lena | 2007-11-28 08:57 | Books感想 | Comments(0)

   " いくつもの夜を 越えて "
『寂しい~っ、、さびしいよぉ~っっ!!!!』 

当時、お向かいの90歳を過ぎたおばあちゃんが我が家を訪問・・・戸口で叫んでいたものだ。
当初、それが痴呆からきているものだとは知らず、家の中に招き入れて話しを聞いてあげたこともあった。
その行為そのものは痴呆から来ていたのかもしれないが、 寂しいっていう気持ちはおばあちゃんの心情そのものだったのではないだろうか! 確かに彼女の魂は寂しさを訴えていた。

息子やお嫁さんたちと同居していたのに、寂しいを繰り返す人だった。
仕事に家事に孫の子守にと目一杯体を動かし、休む暇もなく多忙を極めていた私は、そのおばあちゃんの対極にいた。

若くして嫁いだその日から、幼い頃は病弱で学校にも行けぬ程だったのが嘘のような日々が私を待っていた。体を動かすことに苦はない・・大人になって健康に恵まれたわたしは、夫の仕事を手伝い、老いては娘の仕事を手伝い、孫の世話もしてきた。

生きる為、家族の為、体を使い切ることに異存はなかった。
なのに、そんな私に・・・・・・。


随分といくつもの夜を越えて、あの時のあのおばあちゃんの年に近づいている。

娘たちが巣立ち、夫を見送り一人になった時、神はわたしに試練をお与えになった・・といかいいようのないアクシデントに見舞われた。

悪いことが重なり、外を元気に好き勝手歩き回れない体になってしまった。 人生の大半を人一倍動き廻り勤勉に生きてきた私にとって、動ける範囲が限られた毎日はつらい。

一日の大半をほとんど家の中でしか暮らせなくなった私の為に、娘たちが本やドラマ&映画等、勧めてくれる。
働く事しか知らずに生きてきた私は、ドラマを楽しむこともできず、勧められて何冊か読んではみたが、本だって進んで読みたいとも思えない。

何もすることがなく過ぎゆく日々に寂しさが募る。


昔住んでいたあのおばあちゃんの姿がだんだん自分と重なる。

娘に"つまらない" と愚痴を言ってみる。


一年前からピアノを始めた娘がピアノを弾くことを勧めてくれたので弾いてみる。
片手で童謡が弾けるようになった・・・少し 心が弾む。

娘に子供の頃習わせていた習字を、今は私が娘から教わる。
何かに向かえるっていいっ。

娘がサポートしてくれるから・・・・・・
近所の友達とホテルのレストランで食事をし、楽しい語らいをしつつお茶をする。

ご近所の友人たち共々、送迎共に、アッシー君を申し出てくれた娘。
娘や友人たちに支えられて、時々顔を覗かせる寂しさをねじ伏せ、今日も無事に精一杯の一日を終える。

ハンディキャップを背負った孫も、さまざまな事に挑戦し、時には涙することもあるのだろうけれど、力強く生きている。


父親の愛情を貰い損ねて過ごす不憫な孫たちも、自分の足でしっかりと地を踏みしめ前進している。

子供のいない娘は淋しさもあるだろうけれど、若い頃から精進してきた仕事に今も打ち込んでいる。子供に向けるべきエネルギーを友人や趣味に注ぎつつ、自分の暮らし方へのスタンスをしっかりと確立している。

「おかあさんっ、することなくて暇で寂しいってぇ~??? ほんとっ 私と代わってあげたいよっ。
本は読み放題に・・・・インターネットはしまくりってぇ~? なんて素敵な日々。 わたしの辞書に'暇'の二文字はないからねぇ~っっ。」 ・・と のたまう娘もいる。

長年勤めていた会社を辞め、体が不自由なわたしの側にいてくる娘も私を横目に見つつ、たくさんの友人と、今日はあっち、明日はこちら・・・と、今までしたくてもできなかった空白のお楽しみの時間を取り戻すかのように、日々、精力的だ。


そんな3人の娘たちも、そして孫たちにも、いつか淋しい時代が訪れるのだ。
その時、何が・・誰が・・・彼等の支えになってくれるだろうか!

寒い冬の夜、そんな想いに囚われる。
[PR]
by lee-lena | 2007-11-27 11:22 | 心の灯火 | Comments(0)

イ・ビョンホンさんと チェ・ジウさん
久しぶりぶりにイ・ビョンホンさんと チェ・ジウさん

相も変わらず、過去ネタですが^^;


日本のインターネットポータルサイト「ORICON STYLE」のアンケート調査の結果、俳優のイ・ビョンホンと女優チェ・ジウが、見事、第1位に輝いた。

記事全文はこちらから
[PR]
by lee-lena | 2007-11-27 11:10 | チェ・ジウ-CJW | Comments(0)

Arena Tour Tokyo

東京の様子がこちらに。

アドレスはcomment欄に!
[PR]
by lee-lena | 2007-11-26 18:29 | イ・ビョンホン | Comments(1)

ちょっと 気になるあの人のこと。
・・が 載っていましたので、ご紹介させていただきますね。


[アンジェリーナ・ジョリー]の過去と現在


しねまトゥディ
[PR]
by lee-lena | 2007-11-25 14:53 | whatsnew♡ | Comments(3)

今日のお勧め・・♪動画


今日はこちらをご紹介します。
アドレスはcomment欄に!

改めて思うのですが、若い頃のビョンホンssiって、とっても弾けてますね。
[PR]
by lee-lena | 2007-11-25 14:32 | 動画 | Comments(1)

ArenaTour
【大阪のイベントを終えてからの感想】

残り6公演、緊張の場面が残っていることを考えると、なんだかプレッシャーですが。

「始まりは半分」という言葉通り、今日は気分通り終えることができました。
イベント中にも云ったことですが、私の失敗で変な流れになった時も大阪の多くのファンが応援してくださってとても勇気付けられました。  今、とてもコーフンしています。

秋元さんは、ファンたちに多彩な表情を見せたいと云われました。


■演出に嗜好が凝らされていたか?

今、振り返ると、困り顔ばかり見せていた気がします。
私が皆さんの前で歌を歌い、ダンスをし、コミカルな姿を見せたりと、俳優として長い間過ごしてきましたが、これまで見せたこともない姿を見せることには大きな決心が必要でした。

しかし、ファンたちとの直接の交流だと考えたらある瞬間、とても気が楽になりました。

規模が大きいからそう感じるだけで、じっくり考えると、日頃 周りにいるファンたちには気楽な自然な姿を見せています。そういう風に思えるようになり、秋元さんの意見を気持ちよく受け入れることができ、私も楽しい気分でワクワクする気分でやれました。

 ■「いつか」を歌うことになった経緯は?

ファンにとって、もっとも感動的な歌は果たして何なのか?
何度も打ち合わせしました。

昔、主演したドラマの主題歌を歌ったことがあり、それもリストにありました。
映画に使われていたポップソグなどもリストにありましたが、この日の為に秋元さんが歌を作り、ファンたちの為に歌を作れば、ファンたちに更なる感動を与えることができるということでした。

歌手ではない為プレッシャーでしたが、それこそがファンの為だけに見せる姿で、それなら、ファンの為のメッセージも乗せたら・・ ということになりました。

ファンとの出会いはご縁です。

先程、秋元さんもおっしゃいましたが・・出会い、そして未来、そんな内容の歌詞
縁があるからこそ出会いがあるわけで、そんなことについて考え・・・
秋元さんに話し、それを元に秋元さんが歌詞を作りました。


私としても、とても満足のいく歌をうたうことができたので幸せに思います。
[PR]
by lee-lena | 2007-11-24 22:03 | イ・ビョンホン | Comments(9)


Books & Online Novelsのご紹介と英語記事up等
最新の記事
Puzzle パズル 24 ..
at 2016-04-18 22:50
Puzzle パズル 23 ..
at 2016-04-18 22:31
Puzzle パズル 22
at 2016-04-16 15:37
Puzzle パズル 21
at 2016-04-16 15:26
Puzzle パズル 20
at 2016-04-15 16:55
最新のコメント
すみません。最近海外から..
by lee-lena at 14:51
こんばんは lenaさん..
by とらふぐ at 23:22
はいっ、かしこまりました..
by lee-lena at 11:52
え?事件簿とやら、up、..
by barnes_and_noble at 21:21
казино попол..
by slot1 at 16:04
игровые авто..
by poker76 at 21:36
игровые авто..
by slots30 at 12:27
Link






1:
2:

【お気に入りblog】
1.

2.サランヘヨ韓国ドラマ2

3.サランヘヨ韓国ドラマⅢ

4..あなかしこさんサイト

5.a>

6.


★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・
  
【お気に入りmale Blog】
1..WE'RE HERE
2..♂♂San Franciscoのひとりごと...3
3.お空に逝かれたTommyさんの first blog
■ナイショの話
(R18)
4.Tommyさんsecond blog
■僕らの週末
5.Tommy さんのthird blog
■未来へ
6.男に告白された男
7.ラグナ君の天気予報
8.パリで男たちと

【英語Blog】

7.Neko-reachoutさんのblog
英会話講師の日々つれづれ


8.上野陽子さんのblog
恋する英語


★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜。、

【メディア関連】
TBS Channel-ch363
KBS World-ch791
フジch721
【BIGLOBE】
★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★

【私関連】

【Books Comment Blog】

【めっせぇじぼぉーど】

【純愛中毒掲示板】

【無料掲示板のご案内】

style-21掲示板

【ドラマ&映画サイト】





アクセス解析

★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆

【Novel website】

詳細は こちら

1

2

3

4

Blog 小説 
2008.11~読み始める
【アキヨシとカレン】Blog5

5-2

6
【Sapporo Love Story】6-2


7

8

cresc.-クレッシェンド9


↓ここからは(R18)18歳未満の方は読むのを控えてください。


10


11
12


(Boy's Love)

13



【Materials】







以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
ブログパーツ
検索
ライフログ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧