★2◎◎◎年の恋★ その12
(Real 話から創作)





*・:+.。oO   ついに家を出た亜佳里   +*.oOo。+.:・*


一年が過ぎても一向に私の中からなくならない苦しみで、
あぁ、私はこんなにもこんなにも自分で思っていた以上に
夫の事が好きだったのだと思い知ったのでした。

私は疲弊しきっていて、現実と夢うつつの両方の世界を
行ったり来たりするようになってしまい、とにかく取り除いて
しまわないとこの苦しみが憎しみに変わってしまうのではないかと
それを恐れるようになっていた。



*・:+.。oO    澁澤 旭と日向 亜佳里の再会  oOo+.oOo。+.:・*





*・:+.。oO   ついに家を出た亜佳里   +*.oOo。+.:・*


一年が過ぎても一向に私の中からなくならない苦しみで
あぁ、私はこんなにもこんなにも自分で思っていた以上に
夫の事が好きだったのだと思い知った。


私は疲弊しきっていて、現実と夢うつつの両方の世界を
行ったり来たりするようになってしまい、とにかく取り
除いてしまわないとこの苦しみが憎しみに変わってしまう
のではないかとそれを恐れるようになっていった。






*・:+.。oO    澁澤 旭と日向 亜佳里の再会  oOo+.oOo。+.:・*



フルタイム勤務に戻ったあかりは4ヵ月後10年振りに
懐かしい顔と再会した。その子は今29才のりっぱな青年に
なり、もはやその子という云い方は相応しくないけれど。

当時入院していた時、澁澤旭は17才だった。

病気が再発して10数年振りに再入院となったそうだ。
ヒョロッとしていた体躯も青年らしくほどよく胸板に
肉がつき、12年の月日を思わせる成長振りであった。


12年前の旭は高校生活残すところ1年の身の上だった。
親族とは縁薄く早くに父親を亡くし、高校2年の半分を過ぎた
頃、母親が何者かに殺され家も焼かれ、その上病気になって
しまったのだ。



抜け殻のようになって入院してきた旭。その時看護婦に
なったばかりのあかりが何くれとなく手助けした。

行政になんとか頼れないかと掛け合う為奔走したのである。






続きはMoreからどうぞ








あかりはすでに結婚し子供もいた為、旭が退院した後も
旭の事が気に掛かりながらも自分の生活に手いっぱいで
繋いでいたつもりの彼の手を離してしまった。

しばらくしてゆとりができ、彼はどうしているだろうか
と思った時には行き先が判らなくなってしまっていた。


ひとりだったあの子の手を離してしまった事をずっと
後悔してきた。だから病気が再発したとは云え、再び
出会えた事に感謝したい気持ちで一杯だった。


幸か不幸か、今の私はある意味身軽だ。
あの時、してあげられなかった分も今度こそ、力に
なってあげたいと心から思う。



この10年間どうやって生き延びてきたのだろう。
聞いてみたい気持ちはあったけれど、少しずつでいい。

旭が話してくれた時に、姉の様な気持ちでじっくりと
これまでひとりで頑張ってきた12年を一緒になぞって
あげられればいい、そう思った。


病院での生活なので自然とそうなってしまうのかもしれない
が、あかりが朝一番旭の病室を訪れると、早朝いつも彼は
清々しい顔で部屋の窓を突き抜け、遥か天高く君臨している
空の青に向かってコンテを動かしている。


絵を描く、というより描きながら空に包まれて一体化して
いるような感覚が好きなのだと云う。



時々、私の事も描いてくれる。
実物より3割り増し美人に描いてくれる旭が好きだ。


私は出来る限りの時間、旭の担当につけてほしいと病院に
願い出た。知らなかったのだけれど実は、旭のほうからも
できれば慣れた人をということで、担当に私を・・と病院の
ほうに願い出ていたいたらしい。


新しい作品が描き上がる度イラストを見せてもらうのだが
独特の雰囲気があって彼の絵には魅せられてしまう。


しかし病院で時間が有り余っているからといって、ほんとに
よく毎日まいにち絵ばかり描けるわよねぇ~、なんてずっと
思っていたら私が知らなかっただけで彼はかなり有名な
イラストレーターらしい。


何故知ったか・・・Oh,My God! 新聞に小説などを紹介して
いるページがあるのだけれど、先日いつもは読まないのに
たまたま休憩時間にポツンと独りの時間ができたので側に
あった新聞を読んだのだ。そして知った。


旭が私でも知っているような著名な作家の挿絵を手がけて
いたから。

「旭くん、おねいちゃんはびっくりしたよ!」と
いつの間にか呟いていた。

そっか、そっか、、著名な作家から依頼を受けるほどの
イラストレーター様になってたんだね。 偉いね。

おねいちゃんはうれしぃーーっ ひぃーっ
感激してしまった。


互いに身体も心も柔軟でやわらかだった頃に出会っていた
からだろうか。再会後、まるでずっとつかず離れずしていた
間柄のように、私たちはよくおしゃべりした。

旭は12年前の何も持たないちっぽけな存在ではなかった。
旭は個室に入っていた。

ちょっとした事で、クスクス笑い合い悲しいニュースを見た
時はふたり同じようなため息をついた。
時々、旭の退院する日の事を想った。


旭には帰る家に待っててくれる人はいるのだろうか。
お見舞いに来るのは男性ばかり。
ガタイのよいイケメン集団だ。

5人くらいだろうか、その時々で3人で来たり2人で来たり
するけれど5人は互いに知り合いの関係のようだ。

どの人も旭に対する親愛を感じる。

こういう人達に恵まれて歩んで来たんだ。良かった・・・。



旭のその後の人生が寂しいものでも悲惨なものでもなかった事
が伺えた時、ポッと私の胸に灯火が点った。



[PR]
by lee-lena | 2015-10-08 13:44 | 心の灯火
<< チュニック (レースつけてみま... 週金平の今 (当て字使用) >>


Books & Online Novelsのご紹介と英語記事up等
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
Puzzle パズル 24 ..
at 2016-04-18 22:50
Puzzle パズル 23 ..
at 2016-04-18 22:31
Puzzle パズル 22
at 2016-04-16 15:37
Puzzle パズル 21
at 2016-04-16 15:26
Puzzle パズル 20
at 2016-04-15 16:55
最新のコメント
すみません。最近海外から..
by lee-lena at 14:51
こんばんは lenaさん..
by とらふぐ at 23:22
はいっ、かしこまりました..
by lee-lena at 11:52
え?事件簿とやら、up、..
by barnes_and_noble at 21:21
казино попол..
by slot1 at 16:04
игровые авто..
by poker76 at 21:36
игровые авто..
by slots30 at 12:27
Link






1:
2:

【お気に入りblog】
1.

2.サランヘヨ韓国ドラマ2

3.サランヘヨ韓国ドラマⅢ

4..あなかしこさんサイト

5.a>

6.


★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・
  
【お気に入りmale Blog】
1..WE'RE HERE
2..♂♂San Franciscoのひとりごと...3
3.お空に逝かれたTommyさんの first blog
■ナイショの話
(R18)
4.Tommyさんsecond blog
■僕らの週末
5.Tommy さんのthird blog
■未来へ
6.男に告白された男
7.ラグナ君の天気予報
8.パリで男たちと

【英語Blog】

7.Neko-reachoutさんのblog
英会話講師の日々つれづれ


8.上野陽子さんのblog
恋する英語


★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜。、

【メディア関連】
TBS Channel-ch363
KBS World-ch791
フジch721
【BIGLOBE】
★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★

【私関連】

【Books Comment Blog】

【めっせぇじぼぉーど】

【純愛中毒掲示板】

【無料掲示板のご案内】

style-21掲示板

【ドラマ&映画サイト】





アクセス解析

★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜☆

【Novel website】

詳細は こちら

1

2

3

4

Blog 小説 
2008.11~読み始める
【アキヨシとカレン】Blog5

5-2

6
【Sapporo Love Story】6-2


7

8

cresc.-クレッシェンド9


↓ここからは(R18)18歳未満の方は読むのを控えてください。


10


11
12


(Boy's Love)

13



【Materials】







以前の記事
カテゴリ
フォロー中のブログ
ブログパーツ
検索
ライフログ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧